上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤城神社

東京・神楽坂にある「赤城神社・Akagi Cafe」での2度目のライブ。
神社の神様と鎮守の森、満月、たくさんのお客様に見守られた一夜になりました。

今日はゲストとして、大友剛さんをお迎えしました。
僕が、4月に廃品パーカッションの山口ともさんとライブしたときに、話しかけてくださったことがきっかけで、今日の共演となりました。

僕は、自分とは正反対のタイプと共演することが多くて。
硬派な人、野性味溢れる人、エネルギッシュで元気な女性、動的な人、
ピアノとは普通はあまり組み合わせない楽器......

でも、大友さんは、会って話したときから、相通じるものがあり、
しかも、同じピアニストでもある。
自分と近いタイプだけに、難しい面もあるなぁと思っていました。
音楽は調和の芸術ですが、調和しすぎると面白みに欠けることもあるから。

リハーサルでは演奏曲目を決めて、ちょっと音を合わせてみるくらいで、時間がたってしまい、あとは本番のお楽しみとなりました。

赤城神社


結果から言うと、すごく楽しいライブとなりました。

コールアンドレスポンス(僕は「メロディの追いかけっこ」とよく呼んでいるのですが、フレーズのやりとりで会話すること)もたくさんできたし。
それに、大友さんの弾くメロディやフレーズが、僕とは毛色が違って、ジャズっぽかったりもするので、それがまた良かったのだと思います。
ピアノの連弾はできなかったのですが、トイピアノ、ピアニカ、トーンチャイム、アコーディオン、鳴りものなどを、汗びっしょりになりながら、駆使してくださいました。
さすが、色んなかたと共演してる大友さんだけあって、その多彩ぶり、引き出しの多さは素晴らしかったです。


僕が一番驚いたのは、彼が僕のCDを聴いて、何曲も採譜して来たこと。
僕自身、楽譜はいっさい書かないので、興味津々で見せてもらいました。

それにね、
いまだかつて、「息をして」の楽譜を作った人はいなかった!

ライブの様子

「息をして」は、毎回必ずライブで演奏するので、いままでに何百回も弾いていますが、共演者を迎えたことは2回しかなくて、その2回とも部分的な参加でした。
長い曲だし、ソロピアノとして完成されているし、構成も少し複雑だし。
だから、大友さんが「『息をして』をやりたいんですけど...」って言った時は、喜び半分、不安半分。
この曲は6拍子なので、大友さんも少し乗りにくい部分もあったみたいで、リハの時も「やっぱやめとこうかなぁ」なんて言ってたのですが、せっかくなのでやることにしました。

で、結果的には.......
お客様がどう感じてくださったかは分からないのですが、
僕のライブにいつも来てくれる友人は、
「いつもは、sosoの作る川が一本ていう感じだったけど、今日は川が何本もある感じで、良かったよ!」とのこと。
なるほど、いつもは本流だけだけど、今日は支流が生まれたのね。
それを聞いて、ソロで弾く時も、支流(お客様みんなが持つ命の川)を感じるようにしてたいなぁなんて思ったりしました。

ライブの様子


お越し下さったすべてのみなさま、
ほんとうにありがとうございました。

少し狭い空間に40人近いお客様だったので、ちょっと息苦しい点もあったかもしれません。ごめんなさい。

演奏後に話しかけてくださったみなさま、ありがとうございました。
素敵な感想と笑顔、とても嬉しかったです(いまも心に残っています)。

そして、大友さん、ありがとう。
またやりましょうね。
スポンサーサイト
出会いと再会がすごく多かった。
ライブの後、話しかけられ率がすごく高かった。
なんでだろう??


いろんな再会がありましたが、
去年、NYに行く飛行機で知り合った日本人のかたが、
聴きに来てくださったのは驚いたし、嬉しかった。

そのかたは、去年お会いした時は、NYの学校を視察しにいくところだったのだけど、
その後、学校も決まり、
明日から、またアメリカに飛び立ち、2年間勉強されるそう。
エコロジーの勉強をされるそうです。

いつかアメリカで、音楽とエコロジーのコラボレーションをしましょう!と話しました。


明日、Akagi Cafeで共演する大友さんもかけつけてくれて、
まだ会うのは2回目なのに、なんだかすごく共感できるかたで、とても嬉しい。
アコーディオンとの共演は初めてだし、
ピアノの連弾もめったにできないので、
明日はとても楽しみです。


すべてのかたとの出会いが、
いろんな奇跡が巡り合わせた結果。

ほんとにありがとう。
ピアノ聴いてもらえて幸せです。
暗闇カフェ


今月は、12回のライブがありましたが、あと2回です。
12回といっても、たくさんやった感がぜんぜんなくて、
もっともっとライブしたいです。

6月30日の赤城神社 Akagi Cafeでのライブは、満月です。
「満月の音」をテーマに、お送りします。

みなさま、ぜひともお越し下さい!
お待ちしております。

.............................................................................................


■6月29日(金)
闇を音に紡ぐ
「暗闇カフェ」ライブ

会場: カフェスロー
東京都府中市栄町1-20-17(国分寺駅より徒歩15分)
時間: 開場18:00 開演19:30
料金: 前売1000円 当日1200円(ともに1ドリンク付き)

【ご予約・お問い合わせ】
カフェスロー
tel: 042-314-2833
->メールでのご予約はこちら

カフェスロー恒例の人気イベント「暗闇カフェ」。
ロウソクの灯りだけで過ごす非電化ライブです。重松は暗闇演出人として2時間のライブを行います。
いっさいの電気を使わない空間は、新しいような、懐かしいような不思議な空間です。
蝋燭の火が揺れるのをみつめながら、ゆっくりとした夜をお過ごしください。


.............................................................................................


■6月30日(土)
「いのちの音」?赤城神社 Akagi Cafe
重松壮一郎 "満月ライブ"

会場: 赤城神社 Akagi Cafe
新宿区赤城元町2-15 赤城神社内 赤城会館2階(神楽坂駅より徒歩3分)
時間: 開場19:00 開演19:30
料金: 1500円
ゲスト: 大友剛(アコーディオン、ピアノ)

【お問い合わせ】
赤城神社 Akagi Cafe
tel: 03-3266-7707

満月の夜に、神社でライブ!
赤城神社本殿横に佇む赤城会館の2階にAkagi Cafeはあります。「赤城の杜の温故知新」をテーマに作られた、豊かな自然とレトロな空間の中、心地良いひとときを満喫できるカフェ。そこでピアノソロでライブを行います。
せっかくの満月なので、「満月の音」をテーマにお送りいたします。
初共演の大友剛さんとのセッションもお楽しみに!
ぼくは、たった1つの音を大切にしてきた。
小さな小さな、ちっぽけな1音を。


すごく上手なピアニストで、
特に、クラシック上がりのJAZZピアニストなんかだと、
パラパラパラーっと華麗に、器用に弾いたりする人もいる。

それを見て、
あぁ、すごいな、僕にはあんな風には弾けないなぁと
少し、へこんだりもする。

でも、
どんなにたくさん弾いても、心を揺さぶることができない人もいれば、
たったの1音で、揺さぶることができる人もいる。

僕は、いままで、そんな1音に揺さぶられて来たから、
自分も、たった1音ですべてを表現できる演奏家になりたいと思う。


そして、音楽より以前に、
たった1つのかけがえのない小さなものを、
大切にして生きたいと思うのだ。

道ばた咲く小さな花も、
いま、顔のまわりをぶんぶん飛んでいる蚊も。


そう思ったら、
僕の大好きで尊敬するあの人が、
いつもご飯を炊く前に、黒いお盆に米つぶを広げて、
1つ1つ選り分けている姿が思い浮かんだ。


たった1つの小さなものを大切にすること、
その1つ1つの積み重ねが、素晴らしい全体を形作るのだ。


もし、これからの僕が、

たくさんの人に出会い、
たくさんのお客様に囲まれ、
たくさんのライブをして、
たくさんの音を紡いだとしても、

その1つ1つ、一人一人を大切にしなくなっていると感じたら、
いつでも叱ってください。
空

今日のライブは、僕が学生時代を過ごした街でした。
駅を出ると学生がいっぱいで、甘酸っぱい感じでした。

商店街を歩くと、正面に、素晴らしい夕焼け空。

空

空


僕は、この空を見た日に演奏ができることを
幸せに思った。
がけのうえのぽっぽ

今日は、奥多摩に行きました。
鳩ノ巣駅から徒歩5分、渓谷の上にあるカフェ「ギャラリーぽっぽ」へ。

いままで3回ライブさせていただいていますが、
ライブ以外の日に行くのは、久しぶり。

窓の外は、新緑に彩られ、
僕のご飯のすぐそばで、鳩が求愛していた。

ご飯のあと、吊り橋を渡って、
渓谷へと降りる。

森と川に溶け込みたくて、
でっかい岩の上に座して、瞑想したら、
短い時間だったのに、すごく充実感。

水面を眺めていたら、
煮詰まってた新曲の続きが浮かんだ。

メロディカ吹いて、少し録音しました。


オーナーが、前回のライブを録音して、CDにしてくれていて。
「ここで弾いてくれた、ここだけの音だからねっ」って嬉しそうに。
だから、僕もなんだかすごく嬉しかった。

次回のライブは、9月27日(木)に決定しました。
みなさま、ぜひぜひいらしてください!

奥多摩の大自然は、
あなたの心のよどみも、あたまのぐるぐるも、
きっと受け止めてくれます。


前回の録音CD
丸山邸


朝一番の新幹線で、岐阜から東京に移動。
今日は、西多摩郡の檜原村(ひのはらむら)でのライブ。
築180年の古民家、丸山さん宅でのライブです。

共演は、アフリカ太鼓&パーカッションの、わきたにじゅんじさん。
もともとは、2年前に、僕がギタリストのノダゴローさんと出会い、
ノダゴローさんと一緒にバンドをされていたじゅんじさんと、
その後、つながったのでした。

檜原村は、美しい山あいの村で、
演奏させていただく丸山さん宅も、そんな自然の中にたたずむおうち。
片面が長い縁側になっている(言ってみれば、ドリフのセットみたいな)感じで、
風も鳥の声も、みんなつながっているような、そんな作りでした。

丸山邸

わきたにさんとお会いするのはまだ二度目で、
一緒に演奏するのも初めて。
本番前にリハーサルする時間もなく、
本番の第1音が、初めて合わせる、出会いの音。

ピアノとパーカッション

いままで何人か、ジャンベを叩くかたと共演しましたが、
またその誰とも違う音でした。

強まったり弱まったり、
早くなったり遅くなったり、
ふっと緩やかになったり、また盛り上がったり。
決して、一本調子で進まず、
自然な変化を持った音。
川の流れのように、自然に。

それを改めて気づかせていただいたのが、
今日一番の学びでした。

天国のノダゴローさん、聴いてくれてたかな。
あの、ずっと歌ってくれてた鳥は、ゴローさんだったかもしれない。
あの、さわやかな風も、ゴローさんだったかもしれない。

ありがとうございました。


犬と猫
(左の犬ちゃんは、なんと18歳という長寿! 猫は家で一番気持ち良さそう)
神社


今日は、岐阜県大垣「ミュージック・ジャーナル」でのライブ。
朝、自宅を出発し、お昼過ぎには岐阜駅に到着。

伊奈波通りにある「布武(ふぶ)」というお店に、世界に数台しかない白いベーゼンドルファー社製のグランドピアノがあると聞き、バスで行って、少し弾かせてもらいました。
そのあと、その近くにある伊奈波神社をお参りしました。

そして、大垣に移動し、共演の平魚泳くんと合流。


魚くん

魚くんは、「身の程ツアー」と題して、ギア無しママチャリで全国ツアー中。
春に関東を出発し、ライブしながら、野宿しながら、いろんな人にお世話になりながら、中部まで来ています。
彼の旅日記を読みながら、体調や精神状態など、心配していたのですが、
とても元気そうで、嬉しかった。

会場のミュージックジャーナルは、気取らないライブ・レストランといった趣きで、音楽に馴染みのない人でも、食事とともに気軽に楽しめそうな空間。
東京のライブレストランは、大人向きで入りづらい感じがあるけど、
家族連れでも来れそうな、明るい雰囲気。
そして、適度にライブハウス感もある、いいバランスのお店。


ミュージックジャーナル

そしてライブ。
旅に出てから1ヶ月半後の魚くんのステージは、
前にも増して、興が乗っている感じがした。
お客さんもそれに乗ってくれる、温かいライブでした。

自分の個性を堂々と。
くよくよ悩んでないで、
旅に出よ!さらけだそう!
どうせ、こんな自分じゃないか。
......そんな感じ、伝わって来たよ。


もっといろいろ話したかったな。
音でも言葉でも。

次の合流地点が楽しみです。
阿蘇
(緑輝く阿蘇の風景)


今回もたくさんのかたに助けていただき、
無事にツアーを終えることができました。
ありがとうございました。

約10日間の短いツアーだったけど、
なんだか密度が濃いツアーでした。

春のツアーで倒れてしまったことを反省し、
体調を崩さないように気をつけることが、今回の僕の目標でした。

僕は、自分が身を粉にして、弾き続けることで、
いのちのなんたるかを捉えたくて。いのちの音を出したくて。

でもまだまだぜんぜん、できていないと思う。
だから、人一倍、命懸けの努力をしなきゃいけないのだけど、
過労や不摂生が原因で、ライブの本番ができないんじゃ意味がない。
体に気をつけながら、がんばります。

次にみなさんに会う時に、
もっともっと届く音を出せるようになりますように。

ありがとう!
さようなら!

花菖蒲
(帰る前に、エコと一緒に、花しょうぶを見に行きました)
軽部さんち

昨夜は熊本県大津町から阿蘇の西原村まで移動し、友人宅に宿泊。
お昼は、写真家の野中元さん・料理研究家のかるべけいこさんファミリーのお宅に遊びに行きました。

目の前が田んぼの古民家。
ところどころに飾られた野中さんの写真作品。
かるべさんの心温まるお料理。
家族みなさんの情の深いおもてなし。

短い時間でしたが、なんだかとてもいい時間でした。
「こんな家で、こんな暮らしがしたいなぁ」と想い描いていたような素敵な空間。
想い描いているだけじゃなくて、そろそろ行動に移したいなぁ。


演奏

そのあとは、今日のライブ会場の「ECO-Shop ちゃぶ台」へと移動。
日が沈みかけ、暮れなずんでいく、一番いい時間のライブです。

熊本市内からきてくださった何組ものお客様や、
わざわざ小倉から鈍行で3時間かけて来てくれたかた、
7月に宮崎で共演する一人芝居の木内里美さん、
それにいつも馴染みのみんな。
ほんとうにありがとう。

今年の春に、過労で倒れ、起き上がれない僕を、
ずっと看病してくれたちゃぶ台だけに、
元気になった姿で帰って来て、こうしてライブして、
みなさんに音を届けることが、ほんとうに嬉しい。
だからか、いつもより一層、想いがこもった気がする。


打ち上げ

ライブのあとは恒例の宴会ですが、
いつもは、馴染みのメンバー+αぐらいのなのに、
今日はほぼ全員のお客様が残ってくれて、大宴会。

....ああ、幸せな空間だなぁ。

どんな会場が理想の演奏会場か、
それは人それぞれ。
最高の音響で、最高級のピアノ、
何百人も入るホールが好きな人もいるかもしれないし、
それは1つの理想のかたち。

ちゃぶ台は、
こんな小さなスペースの、
こんな小さなコミュニティだけど、

いつもみんなの笑顔が溢れ、
おいしいご飯と、優しい心、
慈愛が溢れる、
世界にたったひとつの、
愛おしくてたまらない場所だよ.....

ほんとにありがとう。

僕はもっともっと、いい演奏ができるようにがんばる。
みんながそれぞれのことでがんばって、
心を一つに、素敵な未来を一緒に作っていけますように。
水車物語

今日は、熊本県大津町にある「水車物語」でのライブ。
古い水車小屋(といってもかなり大きい)を活用した、カフェです。
地下には、白川から引っ張って来た水路があり、巨大な水車が大きな音をたてて回っています。
水のエネルギー、歴史のエネルギーが感じられる素敵な空間です。

福岡や大分から友人が来てくれたり、
福岡のお客様がわざわざ泊まりがけで来てくださったり、
ほんとうに心から感謝。


いつもはその水車を止めて静かにしてから、演奏を始めるのですが、今日は水車を止めると同時に弾き始め、だんだん水の音が小さくなる中で、ピアノの音が重なって行くようにしました。

また今日は、新曲「みずよとわに」を初演奏。昨年、この水車物語でライブした次の日に、白川の川辺で作った曲です。少し哀しい感じの曲ですが、豊かな水がずっと流れていくことを祈った曲です。


ケーキ

ライブのあとはいつも宴会ですが、今日は僕の誕生日ということで、とても豪華なケーキを用意していただきました。
みんなに囲んでもらい、自分の誕生日を祝ってもうらうこと、Happy Birth Dayを歌ってもらうことは、大人になるとそうはないことです(特に男性は)。自分はほんとうに幸せ者だと思う。こうしてもらったことはこの先もずっと忘れないし、もっといい演奏ができるように自分が成長することで、みんなにご恩返しをしたい。そのためにも、日々精進していこうと心新たにした一夜でした。

みなさん、ほんとうにありがとう!
今日は朝から、コモド・アート・プロジェクトの坂口美由紀ちゃんと待ち合わせ。彼女は僕と同い年で、いつも頑張ってる同志のひとり。
「熊本の舞台芸術を盛り上げたい!」という一心で、
舞台情報のフリーペーパー「ドコサ?」を立ち上げ、走り回っています。

今日は、彼女のコーディネートで、熊本インター近くにある「裏カフェ」にご挨拶。
非常に人気があるカフェで、県外からわざわざいらっしゃるかたがたくさんいたり、休日は予約でいっぱいになるカフェ。
店内は光が差し込む木の空間で、おいしそうなご飯のかおりが。
ピアノは、中二階にあり、音が上から降ってくる感じになります。
そこで、10月19日(金)に、ライブすることになりました。
ぜひいらしてくださいね!!


みこころ
(リハーサル風景。2階席から見下ろしたところ)

午後からは、熊本市内の「イエズスのみこころ病院」でのコンサート。
もう3回目になります。

実は、ほんとの3回目は今年の春でしたが、
僕が体調を崩し、起き上がれず、中止になったので、
今回はやりなおしの3回目のライブです。

光が差し込む吹き抜けのチャペルは、それだけも心が浄化される空間。
シスター、職員さん、ボランティアさん、患者さんに囲まれて、
心といのちと、光と風を音にすることができました。
みなさま、ほんとうにありがとうございました。


そのあとは、「自然庵」にご挨拶に。
昨年の夏に、黒髪にある大きなほう自然庵でライブしましたが、
坪井にある、小さなほうの自然庵で、10月末にライブすることになりそうです。
こちらもお楽しみに!!
リハーサル
(リハーサル風景。紫陽花に囲まれて)


今日は、大牟田市立総合病院のホスピタル・コンサート。
10年以上前から続いているコンサートで、今回は53回だそうです。

患者様はもとより、お医者様・職員のかたがたにもお集まりいただき、
約1時間のライブ。

今回驚いたのは、
準備から片付けまで、白衣を着たお医者様たちがしてくださる姿。
お忙しい中、演奏も聴いてくださり、
ライブの後も、お話ししてくださったり、CDを買ってくださったり。
みなさん、とても優しくて気さくな先生がたで、
この病院が、いい病院であることが、
そんなお医者様たちの姿から感じることができました。

院長先生が、コンサートのあと、
「重松さんは音楽を通して、すべてと一体になることを知っていると思いました。
私たちも患者さんたちと一体になった医療を目指したいと思います。」
とおっしゃってくださいました。

心が引き締まりました。
僕もまだまだこれからです。
がんばります!
変わらないもの、変わって行くもの。

いつまでも心にとっておきたいもの、大切に守りたいもの、
変えたくないものがある一方で、
変化があるから、人は大人になれるのだと思う。
大変だからこそ、大きく変わることができるのだ。

いろんな想いが混沌とするけれど、
すべて雪のように心に降り積もり、
僕らを成長させてくれるんだ。

旅立ちは必要だし、
還る場所も必要だ。

何かにしがみついていないで、
自分を解き放って、旅立てばいいと思う。

その旅は、
外に向かうと同時に、
自分の内へと向かう旅でもあるのだ。

逃げないで、勇気を持って、
正面から自分と向き合おう。

心のよりどころ、
自分の原点さえ、
ちゃんと大切にしていれば、
きっとだいじょうぶ。

道に迷ってしまっても、だいじょうぶ。
土日のライブを終え、今日はOFF。
いつもは、OFFの日にも活動してしまい、疲れてしまうことがあるので、
今日は完全にOFFにしました。

いつもお世話になっている、玉名市のECO-Shopちゃぶ台に移動し、
みんなと再会し、温泉とご飯で、のんびりしました。

10日(日)には、ちゃぶ台でライブしますので、ぜひいらしてくださいね。
ライブのあとは、おいしいご飯もありますよ。


看板娘のエコ(犬)も、げんきげんき!

エコちゃん
今日は、まずお昼に北九州の「雛蔵」さんというカフェギャラリーに行きました。
春にオーナーの雛子さんとの出会いがあり、ピアノがあるし、山の上の自然の中にあるということなので、ぜひ!という感じで。
ものすごい急坂を登り着いた、ものすごく眺めのいい空間。
早ければ8月にライブが実現しますので、お近くのかた、ぜひいらしてくださいね。

それから新幹線で熊本に移動。

今夜は、「ソルトファーム」という天草の天日古代塩の製造・販売をされている、小出さんのお宅でのホームコンサート。
個人宅のコンサートとは思えない贅沢な空間で、
でも、個人宅ならではの、細やかな心遣いの行き届いた、
もてなしのコンサートでした。
だから、すごく雰囲気のよいコンサートになりました。

小出さんが元アナウンサーで、今も朗読などの活動でご活躍なので、
今日は小出さんの朗読に合わせての演奏もしました。

小出さんが、僕のCDに書かれている、僕の想いを綴ったものを読んでくださり、なんだか照れくさいような、嬉しいような。

小出さん、ご家族の皆様、手伝ってくださったみなさん、そしてお客様、
素敵な時間をありがとうございました!

小出邸にて
(小出さん、ゲスト出演の中田さんと一緒に)
朝の吉野川
(始発でスタート。川に映る朝焼けは最高でした.....)


今日から、「水の月ツアー in 九州」がスタートです。
9日間で6回のライブを行います。

今日は、福岡豊前市にある、廃校を利用した施設「もみじ学舎」。
全国の廃校活用例のなかでも、高く評価されているところだけあって、
ほんとうに素敵な所です。
何より、ここに集っている人の雰囲気がやわらかです。

もみじ学舎

僕がここで演奏したのは、2005、2006年に引き続き3回目。
いずれも共演しているのが、ヴァイオリニストの若松勝美さんです。

今回は、全体の約半分は、二人の即興セッションという構成でした。
開放的なこの自然の中だからか、煮詰まることもなく、のびのび即興演奏ができました。
これまでに増して、二人の息も合ってたかな?

柴犬
(あまりにもかわいくて激写した柴犬)

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。