上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空


今日の午前中は、楽器屋さんのピアノ練習室で、みっちり練習。
楽器屋さんのお父さん・お母さんが、いろいろ話しかけてくれて、なんだか嬉しい。

ああ、今日も空がきれいだ。
遠くのお山が、空にうっすら浮かび上がる。


午後から、山形大学に行きました。
友達の祥子ちゃんが、山大出身で、
卒業生として、在校生に講演する依頼を受けたらしく、
僕も一緒にお邪魔して、ちょっと演奏しました。

祥子ちゃんもピアニストなので、連弾しました。
教室にはピアノがなくて、祥子ちゃんの持ってきた電子ピアノで少しだけ演奏。

でもそれだと欲求不満がたまってしまい、
講演終了後に、校内のピアノ練習室へ。
グランドピアノが2台あったので、
二人で、2台ピアノによる即興演奏。

わー、
音が
連なる連なる。
重なる重なる。
絡み合う絡み合う。

これは楽しいね。

いつか、2台のピアノがある会場を見つけて、
二人でライブしようね。


そのあとは、米沢の友人たちと、夕ご飯。
みんな、ありがとう?
スポンサーサイト
山


今日から米沢。
ライブは明後日だけど、
友達もたくさんいるし、ご挨拶回りもしたいので、
早めに来た。

車窓から、雪景色。
わくわくする。

ライブを主催してくれるゆみちゃんがお出迎え。
そのあとは、チケット取り扱いや、フライヤー配布にご協力いただいたお店などを、ぐるぐるまわる。


ああ、空が、空が。
空気が澄んでいて、とてもきれい。


空


ご飯を食べた、「オコメカフェ: 森の田んぼ」さん。
まだ20代の若い店主さん(イチローに似ている)。

音と食は分野が違うけど、
目指していることは同じであることを、
あまり話さなくても感じた。
森テラ


人によって、わくわくする瞬間は、異なる。


僕の場合、
クリエイティブ・マインドがむくむくと膨らんで、
いろんなアイディアが次々浮かんできて、
興奮して、やたら饒舌にしゃべる出す時がある。

それがどんな時かを考えてみると、
たいていは、なにか面白い作品に触れた時だ。

しかもそれが音楽であることは少なくて、
現代アートであることが多い。

ギャラリーカフェ(ギャラリーを併設したカフェ)に行って、コーヒーを飲んでるとき、
最もその瞬間が訪れる確率が高い。
例えば、大阪の「iTohen(イトヘン)」でお茶しているとき、
いろんなアイディアが浮かんでくる。

ここには、ギャラリーもある他、
いろんな作品集、写真集、CDの類いがたくさんある
(僕のCDも置いていただいています)。

これらに囲まれてると、
それぞれの作者のクリエイティブ・マインドが、
僕のマインドをつんつん刺激してくれるのだ。


わくわくとは違うけども、音楽に関して言えば、
なんと言っても、「森のテラス」が一番で、
作りかけの曲で、展開に悩んで行き詰まってても、
森のテラスで弾いたら、曲ができてしまったりする。

森のテラスで、リハーサルで即興で弾いてたら、
なんだかいい曲が生まれてきて、
本番でそのできたばかりの曲を弾いた....
なんてことは、しょちゅうだ。

いま、自宅のピアノ室は、残念ながらそんな環境ではないので、
将来は、森のテラスみたいなところに住みたいなと、切に願う。

そうしたら、僕の音楽はまたどんどん発展していくと思う。
焼き芋


ブログ、書いたり書かなかったりだったのですが、
「ブログ、いつも読んでいます」
と言ってくれた人がいたので、なるべく書くようにしています。

昨日は、インフルエンザの予防接種をしに行きました。
プロとして音楽活動を始めてからは、毎年するようにしています。
でも抗体ができるのは2週間後なので、
今週末の山形には間に合わないな。


年の瀬になり、今年の総決算をしたくなる時期で、
来年はどんな目標で活動しようかと、ふと考えたりします。

また新年に、改めて書きたいなと思いますが、
現時点で思うのは、来年は、

・初心に返る
・冒険
・苦手なことに挑戦する
・決して保守的にならない

をキーワードにしたいな。
ある人に、「あなたにとって音とは?」という質問をいただいて、いろいろ考えた。


僕にとって、音とは、
「自分と外とをつなぐもの」だと思う。

音のおかげで、僕は外とコミュニケーションして生きていける。
僕は、外界の全てのものと、音でつながっていたいのだと思う。

木々や花や、鳥や虫や、光や風や星ぼし、
聴いてくれる人、一緒に演奏してくれる人と、
音を通して、1つの何か....、そう、時間や空間を共有できる。

その瞬間は、僕にとってかけがえのない、最も愛おしい瞬間で、
いい瞬間を紡げたことは、永遠の誇りであり、
思い出しただけでも、涙が出るのです。

だからそう、僕は、
そんな時間や空間を、自分の音楽で塗り尽くそうとしてはいけないんだ。
音は、僕から一方的に出てくるものじゃなくて、
僕とあなたの間に存在するものだから。

この愛おしい瞬間を、あなたと共有するために、
この1音1音を、
大切に大切に、紡いでいかなきゃいけないんだ。
森テラ


今日は、森のテラスでライブでした。
お天気にも恵まれて、とても気持ちいい日になりました。

鳥の声も、子どもたちの声も、ピアノの音も、
自然とそこに存在することができる、森のテラス。

ライブの後、オーナーやスタッフ、友人たちと一緒に、
飲んで、いろいろ語らいました。

秋田の森のテラスも、来年の5月上旬のグランドオープンが、決定。
5月3日?11日までの9日間は、オープニング・ウィークで、
毎日、イベントが開かれます。

その中で、僕は5月4日(日)を、重松プロデュースDayとして、企画させてもらえることに。
ほんとうに有り難いことです。すっごく楽しみ。

みなさん、来年のGWは、秋田の自然の中で、
森、花、音楽、食に囲まれて、過ごしませんか?
あなたのお越しをお待ちしております!

ということで、わくわくする話もでき、とても実のある一日でした。
次は、12月9日(日)に、ライブします!


森テラ
いるよ いるよ


今週末は、久しぶりに東京でライブします。
連休のまっただ中ですが、もしご予定がなければ、ぜひともお越し下さい!
お待ちしております。

(以下、転送・転載 大歓迎)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 闇を音に紡ぐ「暗闇カフェ」ライブ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カフェスロー恒例の人気イベント「暗闇カフェ」。
ロウソクの灯りだけで過ごす非電化ライブです。重松は暗闇演出人として2時間のライブを行います。ゆらめくロウソクを見つめながら、ゆったりしたひとときを!

■とき
11月23日(金/祝)
開場18:00 開演19:30

■会場
カフェスロー
東京都府中市栄町1-20-17(国分寺駅より徒歩15分)

■料金
前売1000円 当日1200円(ともに1ドリンク付き)

【ご予約・お問い合わせ】
カフェスロー tel: 042-314-2833
メールでのご予約はこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「いるよ いるよ」CD発売記念ライブ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年10月2日から2週間、大阪府枚方市のSEWING GALLERYにて開催された、「いるよ いるよ」こじまさとみ+重松壮一郎 展。
この開催を記念して発表されたCD付き絵本「いるよ いるよ」は、絵・こじまさとみ / 音・重松壮一郎による、絵本とCDがセットになった作品です。
この作品の発売記念ライブを、東京にて開催します!

■とき
2007年11月24日(土)
開場12:30 開演13:00

■会場
オープンガーデン「森のテラス」
調布市若葉町1-32-13 tel: 03-3307-1987
(京王線仙川駅より徒歩10分)

「森のテラス」は雑木林の中にあります。
なるべく木を切らずに、四季の自然を感じられるように心がけて建てた、自然の中で心豊かな時間を感じていただくために開放した素敵な施設です。

■料金
一般: 前売 1800円 / 当日 2000円
障がい者: 前売 1500円 / 当日 1700円
(ともにドリンク付き)

■記念ライブのみの特典
「いるよ いるよ」 解説ミニ・リーフレット付き

■お菓子の出店
奈良の純菜菓子「美呆」のビーガンスイーツの販売もあります。
僕も大好きです。この機会にぜひご賞味ください。

->ライブの詳細
->CDに関する詳細
->「いるよ いるよ」オフィシャル・サイト

【ご予約・お問い合わせ】
http://www.livingthings.org/contact/
うちは、わりと玄米菜食をしてます。
「わりと」、と書いたのは、週に1回ぐらいは魚も食べるのと、
料理でチーズや卵を使うことがたまにあるからです。

また、今年の春に過労で倒れてから、陰陽を取り入れています。
寒くなったので、できるだけ陽性の野菜をとるようにしたり。
調子悪いときの梅醤番茶は欠かせません。
最近は、大根おろし&しょうが入り梅醤番茶にはまっています。


この2週間、ツアーを入れずに自宅で過ごしたので、
その間、ほとんど自炊しました。

玄米菜食と言っても、わりと洋食も多いです。
このあいだは、初めてラザニアを作りました。
作ってみると、すごくおいしくてコクがあって。

ラザニアのトマトソースは、普通はミートソースかもしれないし、
ホワイトソースも牛乳を使うのかもしれないけど、
タマネギと人参とレンコンで作ったトマトソースはとてもコクが出たし、
ホワイトソースは豆乳とひえ粉で作ったけど、とてもおいしかった。

こうして考えると、
いままで、無意識に「動物性のうまみをいれなきゃいけない」と
思ってただけなのかもしれない。


今回はチーズを使いました。
それに、市販のパスタを使ったので、卵が入ってたかも。

でも、以前、友人が働くベジタリアン・カフェ(ここは完全に植物性だけ)で食べたラザニアが、最高においしかったのです。

うーん、あのレシピは社外秘で教えてもらえなかったけど、
いつか教えてもらいたいなぁ。


ラザニア
空


僕のメールボックスに、
「励ましのお便り」
というフォルダがあります。

僕の弱さを知ってて、たくさんの言葉で励ましてくれた友人のメール、
たまたま僕が落ち込んだ時に届いた、お客様からの感想のメール、
叱咤激励してくれる仲間からのメール、
そんなのがたくさん入っています。

心が折れそうなとき、
ときどきそのフォルダを開き、
順番に読み返すと、

涙が溢れ、止まらなくなります。
そして同時に、心を強く持つことができます。


僕は、僕の友人やお客さんがくださったお手紙を、
いつもカバンの中に入れています。

演奏開始30分前、
どうしても不安になったとき、
それを読み返すと、涙が溢れ、
だんだん心が落ち着いてきて、
ステージに立つのが、怖くなくなります。


このあいだ、僕に、
「私なんて、生きていたって意味がないんです。存在価値がないんです」
と言った人がいた。

誰でも、そういう気持ちになることがある。

人間は誰でも孤独だけれど、
でも、それと同時に、たくさんのつながりの中で生きている。

つながりのなかに生きていることに感謝できる自分。
そんな自分になれるかどうか、
それは、僕たちの心の持ち方次第だと思う。

僕がつらいことがあって、心を閉ざしているとき、
まわりへの感謝を忘れている。

そんなとき、励ましのお便りは、心を開かせてくれるきっかけになる。

そんなきっかけになるものを持ち歩き、
心が折れそうな時は、それに触れるといいと思う。

誰かからもらったペンダントとか、お守りとか、
そんなものでいいと思う。

もし、持っていなかったら、
僕があなたに何かあげます。


そして、僕の音楽が、
あなたのそんな存在になれるように、
弾き続けます。
空


今日、ある美術展に行きました。
徳島現代美術館で開かれている「日本画?和紙の魅力を探る」。
江戸時代から現代作家まで、さまざまな作品がありました。

やはり、自分が今、現代に生きているせいか、
現代作家の作品を見るのは、すごく楽しい。

そのなかのいくつかに、身震いするほど感動するものがありました。
一番感動したのは、中野嘉之さんの「簫簫(しょうしょう)」という作品。

作家が出会った情景や感情、感覚が描かれてるのに、
自分もそこに居合わせているような、
作者と、感覚を共にするような経験をしました。
足がぶるっと震えました。
機会がありましたら、ぜひ見に行かれてください。


帰り道、空を見上げたら、
空がとってもきれいだった。
素晴らしい絵を見た後のせいか、
その空を描く画家になりたいと、なぜか思った。

いやいや、僕は音楽家だった。

僕も、
言葉で表現できない、何とも言えない情景・感情・感覚を、
音で描き出すことに、精進したい。
以前、あるお笑い芸人が、漫才のコンビネーションの秘訣を聞かれ、
「打てば響く、ということでしょうか」
と答えていた。

うーーん、その通りだ。
これは、お笑いに限ったことでなく、
他人と何かをするときにはとても大切なことだ。

どんなアーティストと共演するときも、
" 打てば響く " 自分になりたい。
12月1日(土)に米沢でのコンサートを企画していただきました。
これまで、山形県でのコンサートは、暖かな時期だけでしたが、初めての冬のコンサート。
しかも、300人収容の、趣きある学園のホールです。
忙しい時期ではありますが、みなさんがほっとできるひとときを作りたいと思っております。

お誘い合わせの上、ぜひともお越し下さい。
お待ちしております!

(以下、転送・転載 大歓迎)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 重松壮一郎 ピアノ・ソロ・コンサート
 ?すべてのいのちとつながる夜?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「あなたとつながる いのちの音...そこが帰る場所」

今回の米沢でのコンサートでは、みなさんに「いのちのつながり」を感じるような、温かな時間を過ごしていただきたいと思っております。
どこか懐かしい場所?まわりの人々や、自然や地球とのつながりを感じられる温かな場所?に、帰ってきたようなコンサートです。
どうぞお越し下さい。 お待ちいたしております。


■とき
12月1日(土)
開場17:00 開演18:00

■会場
九里学園高等学校 講堂
山形県米沢市門東町1-1-72 tel:0238(22)0091

■料金
一般: 前売1500円 当日2000円 
小学生: 前売500円 当日1000円
障害者 * : 前売 800円 当日1000円
* 身体障がい者手帳、療育手帳、精神保健福祉手帳をご提示の場合(介護者1名を含む)

※newアルバム「いるよ いるよ」(CDつき絵本)の販売もあります。
詳しくはこちらをご覧ください。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

【チケットのお求め】
《店頭》
ピースシナリスト / りんご屋 / MOTO808 / 日常茶飯美 / 正直屋商店

《お電話》
tel: 090-7520-7775(高橋)

《メール》
mail: sharon2040.eden@ezweb.ne.jp(樋口)
ご予約の際には、
(1)お名前(2)ご連絡先tel・メール(3)枚数
をお知らせください。

【お問い合わせ】
主催 ピースシナリスト tel: 0238-24-1196

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
コスモス


8月から3ヶ月間、ずっとツアー続きでした。
11月の第1週まで続いて、今週やっとお休みです
(お休みといっても、ライブがお休みなだけですけどね)。

ツアーの間は、気が張っているのか、風邪知らず。
でも終わったとたん、風邪ひきました。

でも、週末にライブがないのが、ほんと久々なので、
おでかけしたら、見事なコスモス畑に出会いました。

「みんなのコスモス畑。ご自由にお持ち帰りください」

大人も子どもも、みんな嬉しそう。
誰かが、みんなのために用意してくれた天国のよう。

ありがとう

soso in コスモス

コスモス
同志社大学


今日は、同志社大学の京田辺校舎の学園祭「ADAM祭」への出演。

昨年に引き続き、今年も声をかけていただきました。
これは、ほんとうに有り難いことだと思う。

自分もイベントをよく主催するので分かるのだが、シリーズ化しているイベントだと、新鮮さを出すために、毎回違う出演者に声をかけたくなる。
そんな事情で出演者を入れ替えざるを得ない状況の中で、また声をかけていただいたのだから、ほんとにほんとに、心から感謝です。


今日は、秋晴れのここちよい日。
自然に囲まれた校内の、少し紅葉がかった木々たちも、きらきら輝く。
最寄り駅から校舎まではちょっと遠いのだけど、のんびり歩いた。
このきらきらした秋の日を音にしたかった。

そして出演時間。
せいいっぱい弾く。


帰る頃には、もう暗くて、
楽しかった学園祭ももう終わりです、
という、とっても切ない時間で。

暮れなずむ空を眺めながら、
涙出そうになった。

気持ちよかった時間とのお別れの寂しさ。
ああ、どうして、こんなに気持ちよかったんだろう。


......きっとそれは、
コンサート実行委員のみなさんのおかげだと思う。


人は大人になるにつれ、心に贅肉が付く。
社会の中には、上下関係があり、
自分より立場の低い者を、若い者を見おろしたり、
プライドを振りかざしたり。

音楽家は、不当に扱われることも多く、
「うちの店を使わせてやってるんだ」という態度をあからさまに見せる人も、正直、少なくない。

いや、自分だって、
気付かないうちに、そんな態度をとっているかもしれない。


だけど、今日の学生のみなさんは、
ほんとに誠心誠意で、僕と接してくれて。

みんなでコンサートを成功させるぞ!という、現場の高揚感と合わさって、
ほんとにほんとに、気持ちいい時間を過ごさせてもらったのです。


僕がこれから、どんな道を歩むか分からないけど、
みなさんのように、1つ1つに誠心誠意で向かうことを忘れないようにしたい。

みなさんが社会に出たのち、どんな仕事に就かれるか分からないけど、
いつか社会人同士として、一緒に仕事ができる日を、楽しみにしています。


ほんとうに、ありがとうがとうございました。
そして、おつかれさまでした。


学園祭ポスター
岐阜


ツアー2日目、今日は朝から新幹線で岐阜に移動。
岐阜市にある、「豆茶房」でのライブです。

お昼前に岐阜に到着して、同じく岐阜市内にある「三甲美術館」へ。
すごく素敵な庭園を持つ美術館でした。
天井の高い広めの展示室には、木目のグランドピアノ。
試弾させていただきましたが、後ろのほうまできれいに音が届く感じで、
また、学芸員の方もとても気さくで、笑顔のかわいい方で。
早速、来年の4月19日(日)のコンサートが決定しました。

そしてそのあとは、岐阜大学病院へ。
こちらは、12月5日(水)に演奏させていただくことが決定しました。

そして夜は、今日の会場、「豆茶房」さん。
今日も共演者がいて、ヴァイオリニスト濱島秀行さん。
今日初めて会って、リハなし完全即興のセッションをしました。
彼の演奏は勢いがあり、なかなか情熱的なセッションになりました。

毎日、いろんなかたとの出会いを演出していただけること、
ほんとに幸せだと思う。
ありがとうございます。

彼とは1月17日(木)に、岐阜グランドホテルで共演することが決まりました。
お楽しみに!

明日は6:50に起きて、新幹線で京都に行きます。
同志社大学の学園祭の出演です。
吟遊詩人
(なぜかNYを思い出すこの入口)


今日から3日間は、関西・中部ミニ・ツアー。

まず今日は大阪・弁天町「吟遊詩人」でのライブ。
初共演の山口智さんとのライブです。

山口智さんは、ハンマーダルシマーというピアノの原型とも言われる楽器を演奏されます。同姓同名の「山口とも」さん(廃品パーカッション奏者)とも、今年の春に共演しましたので、二人目のやまぐちともさんとの共演です。

智さんとお会いするのも、ハンマーダルシマーという楽器を聴くのも初めて。
それぞれのソロ・ステージのあと、完全即興の切れ間なしセッションを30分間やりましたが、なかなかいいセッションができました。

今回は、店主のJANくんが、僕と智さんの共演を提案してくれて、実現したライブ。
いつもはたいてい、自分が出会った人と「一緒に演りませんか」と話して、共演することが多い。
お店の方が出会いを演出してくれることはあまりないケース。

今回は、JANくんが引き合わせてくれたおかげです。
JANくん、ありがとう!!
今週末は、大阪・岐阜・京都にて、ツアーいたします。

お誘い合わせの上、ぜひともお越し下さい。
お待ちしております!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「関西・中部ミニ・ツアー」
 http://www.livingthings.org/schedule/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■11月2日(金)
「重松壮一郎 + 山口智
 ライブ in 吟遊詩人」

会場: sound bar 吟遊詩人(大阪府・弁天町)
時間: 開場19:00 開演19:30
料金: 2000円(+ 1オーダー)

初共演となる、ハンマーダルシマー奏者「山口智」さんとのライブ!
ハンマーダルシマーとは、西欧の民族楽器で、ピアノの祖先のひとつとも言われるものです。
会場の「吟遊詩人」は、1970年代の港町にある場末のBARを再現した不思議な空間。
月明かりだけをたよりに、想像と未知なる世界へ!

《共演》山口智(ハンマーダルシマー)
奈良県生まれ。各種アコースティック楽器を手がけながらさまざまな音楽の影響を受け、1987年より西欧の打弦楽器ハンマーダルシマーの演奏に取り組み、独自のスタイルを確立、オリジナル曲、即興演奏を中心に、その独特の美しい音色を生かしたダイナミックで詩情豊かな音楽を作り続ける。

【お問い合わせ】
sound bar 吟遊詩人
大阪市港区弁天6-7-15 加藤汽船ビル1F
tel: 06-6599-0560


.............................................................................................


■11月3日(土)
「純粋にきれいな音色の音楽会」

会場: 珈琲館 豆茶房(岐阜・岐阜市)
時間: 開場19:00 開演19:30
料金: 1800円(+ 1オーダー)
共演: 濱島秀行(バイオリン)、加藤かおり(ピアノ)

ひさしぶりの岐阜でのライブ。
タイトル通り、ただただ純粋な気持ちで、音に向かいます。
お誘い合わせの上、ぜひともお越しください!

【ご予約・お問い合わせ】
豆茶房
tel: 058-233-7560


.............................................................................................


■11月4日(日)
同志社大学京田辺祭2007 ADAM祭
「HELLO HALL LIVE'07」

会場: 同志社大学 京田辺校舎 ハローホール(京都・京田辺市)
時間: 開場12:30 開演13:00(重松の出演時間は14:00-14:40)
料金: 無料
共演: Asa Festoon、DOPING PANDA

昨年に引き続き、同志社大学の学園祭に出演させていただきます。
入場無料です。
お誘い合わせの上、ぜひともお越しください!

詳しくはこちら

【お問い合わせ】
同志社京田辺祭2007実行委員会
tel: 0774-65-7832


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

※詳しいライブ・スケジュール:
http://www.livingthings.org/schedule/

※演奏依頼、募集中!
こちらまで、お問い合わせください:
http://www.livingthings.org/contact/

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。