上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もそろそろ終わりです。
みなさま、今年も有り難うございました。

嬉しかったこと、つらかったこと、
今年も、いろんなことがありました。

■嬉しかったこと
・今年も、たくさんのライブをさせていただきました(計115回)。
・大きな規模のソロ・コンサートをさせていただく機会が増えました。
・ソロだけでなく、多くの仲間、諸先輩方と、いいライブができました。
・2週間にわたるイベントをしました。
・新しい作品CDつき絵本を出しました。
・ずっと前から友人だったかのような人々との出会いがありました。
・自分のグランドピアノを買いました。
・帰る家ができました

■つらかったこと
・年初から年末まで、体調の不安定さに苦しみました。
・自分の信念に合わないこと、やりたくないことを、求められることも多々ありました。


圧倒的に、「嬉しかったこと」のほうが多いけれど、
「つらかったこと」は、音楽活動の根幹をなす部分だったので、
非常に苦しみました。

来年は、まずは、健康面を安定させ、
そして何があろうとも、自分の信念を曲げずにやっていきたい。



世の中にはピアニストなんて、何万人、何百万人もいて、
僕がいつ辞めようとも、死のうとも、
世の中が変わる訳でもないし、
誰かがピアノを弾いて、それを聴く人がいるだけだ。

でも、

自分は何のために生まれて来たのかといえば、
こうして、ピアノを弾くために生まれて来たと思う。

10代の頃から音楽で飯を食っていきたいと思い続け、
でもそれがずっとできなくて、20代は暗闇のように苦しくて。
でもやっと30になって、「自分はこれを表現したい」という強い動機が僕を後押ししてくれて、音楽家として生きる道を選ぶことができた。

だから、僕は与えられた命、残りの人生を大切に、
自分が一番やりたいこと、
自分にしか出せない音を生み出すことに、
命を、人生を、費やしていきたい。

僕が、まわりの命に生かされ、救われ、支えてもらっているように、
僕の命の音が、誰かの救いや支えになれるように、なりたい。

今年もありがとうございました。
みなさん、よいお年を。
スポンサーサイト
かもめ


来年も、全国津々浦々、参りたいと思っています。
年内に決まった分は、みなさまへの新年のご挨拶に掲載したいので、
目下、調整中です!


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

演奏のご依頼、お待ちしております!

20?30人の小規模なものから、100人以上のコンサートまで行っています。
「重松壮一郎 ピアノ・コンサート」といった名称のリサイタル形式のコンサートと同時に、様々な企画・人々のコラボレーションも行っております。
その他、イベント出演、ご自宅でのホームコンサート、学校公演、医療・福祉施設等での演奏まで、幅広く行っております。
お気軽にご相談ください。

★お問い合わせはこちらから
http://www.livingthings.org/contact/

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


1月17日(木) 岐阜グランドホテル(岐阜・岐阜市)
1月20日(日) 連弾ピアノ @ 森のテラス(東京・仙川)with 大友剛
1月25日(金) 暗闇カフェ @ カフェスロー(東京・国分寺)
1月26日(土) 信愛病院(東京・清瀬市)
1月27日(日) ピアノ・ソロ @ 森のテラス(東京・仙川)

.......................................................

2月23日(土) live bar つぼ(東京・千歳烏山)wtih 小池龍一(ムビラ)
2月24日(日) ピアノ・ソロ @ 森のテラス(東京・仙川)
2月28日(木) 調布グリーンホール(東京・調布市)
2月29日(金) 暗闇カフェ @ カフェスロー(東京・国分寺)

.......................................................

3月01日(土) ミュージックアートステーション創徳庵(大阪・梅田)
        with よしのえりか(うた、ピアノ)
3月02日(日) モモの家(大阪・吹田市)with 平魚泳(うた、ウクレレ等)
3月08日(土) ROCKS(広島・広島市)
3月14日(金) 岐阜大学病院(岐阜・岐阜市)
3月20日(木/祝)なみふうらキャンドルナイト(京都)
3月21日(金) 88stage(香川・丸亀市)with 岡林立哉(馬頭琴)
3月23日(日) ギャラリー花伝(佐賀・有田)
3月27日(木) 特別養護老人ホーム桜の園・文斎ホール(佐賀・杵島郡)
3月29日(土) もも庵(福岡・箱崎)with RYOSAI(尺八)
3月30日(日) ECO-Shop ちゃぶ台(熊本・玉名市)
        with 岡林立哉(馬頭琴)、平魚泳(うた、ウクレレ等)

.......................................................

4月10日(木) ギャラリーぽっぽ(東京・奥多摩)
4月12日(土) 参加型アートイベント「チキュウヲソウゾウスルジカン」
        @ カフェスロー(東京・国分寺)
4月13日(日) 「ガラクタに咲いた花」廃品打楽器とピアノの森の音楽会
        @ 森のテラス(東京・仙川)
        with 山口とも("ともとも"廃品パーカッション)
4月18日(金) 暗闇カフェ @ カフェスロー(東京・国分寺)
4月19日(土) 三甲美術館(岐阜・岐阜市)
4月27日(日) けやきホール(山形・鶴岡市)

.......................................................

5月04日(日) 秋田・森のテラス(秋田・北秋田市)
5月16日(金) 暗闇カフェ @ カフェスロー(東京・国分寺)
5月17日(土) ピアノ・ソロ @ 森のテラス(東京・仙川)
5月25日(日) ヨガ + ピアノ@ 森のテラス(東京・仙川)
空
(長崎空港へ向かう車窓から)


夕べは遅くまで打ち上げをして、
ホテルに着いて、4時間ほど寝て、
そして、朝の飛行機で長崎を出発。

今日はお昼から、東京のカフェスローのイベントに出演します。


今日のイベントは、自分の原点ともいえるもの。
僕が仕事を辞めたのが2004年。その年の2月に、環境文化NGO「ナマケモノ倶楽部」が主催するエクアドルへのエコツアーに参加。その旅は、「自然とのつながりなおし」をテーマにしたもので、エクアドルの各地に存在する環境活動家のかたがたを訪ね、原生林を歩き、先住民のおうちにホームステイし、森林農法の森を歩き、パーマカルチャー農園にステイし......といった、様々な環境体験を行うプログラム。

その旅は、僕にとっては、意識改革の旅であり、今持っているあらゆる感覚の原点になりました。
そして、その頃から脈々と続く、友人たちとのつながりの始まりです。
このツアーに参加していなければ、今の僕はなかったし、いまあるあらゆるつながりもなかったと言えます。

そのときに出会った、エクアドルの鉱山開発問題。
開発による自然破壊の危機に直面した村人たちは、コーヒーを森林農法で栽培することに取り組んできました。僕の友人たちもそのコーヒーをフェアトレードで輸入し、焙煎し、飲んでもらうことで、力になってきました。僕も、「祈り」という曲を作って演奏し、エピソードをライブで話してきました。そして、ライブでお出しするコーヒーは、できるかぎり、このエクアドルのインタグ地方で作られるオーガニック・コーヒーをお出ししていました。

そんな中、カナダ企業が21世紀初めよりすすめていた鉱山開発プロジェクトに対し、エクアドル政府が正式に「NO」をつきつけたというニュースが入ってきました。コーヒーが森をまもったのです!

今日は、このムーブメントの成果を祝い、またワクワクするような環境文化運動のつくりかたについて、キーパーソンたちの話を聞き出そう!という趣旨のイベント。

前置きが長くなりましたが、
まあとにかく、会場には100名近い人が集まり、
自分たちの取り組みを紹介したり、演奏したり。

いま、環境問題に対して何かしよう、したいという人々が増え、
「エコロジー」というなんだかちょっとうさん臭いキーワードに対する市民の距離感も縮まりつつある。
2004年のあのとき、3年後にこんな風になっているとは想像つかなかった。
何十年も取り組んでいる人からしたら、もっとすごい達成感だろうと思う。
辻さんが、情熱大陸に出演するなんて、想像してなかったなぁ。

ナマケモノ倶楽部のいいところは、
目くじら立てて、環境問題に取り組むのではなく、
みんなで楽しみながら、心のつながりや、実体験を大切にしながら、
自分のできることから変えていこう、というところ。
それを、生温いと感じる専門家もいると思うし、
楽しいという気持ちだけでは、具体性に乏しいのも事実。

でも、そんな感じでも、エクアドルの鉱山開発をSTOPさせる力になれたし、
100万人のキャンドルナイトのようなメジャーなイベントを生み出したり、
マイ箸、マイバック、マイ水筒のような、今はずいぶん広まった動きの先駆けになれたのだから、すごいと思う。

僕の音楽も、直接的に、戦争を止めたり、環境問題を解決したりできるものではない。
でも、戦争も環境問題も起こしているのは、人間の心であり、
その心に作用する"音楽"というものを通じて、社会の役に立てたらと思う。

そして、音楽と旅を通じて、
新しい社会への道を作っていく、人と人の「つながり」をつくっていけたらと思う。

いろんなことが連鎖反応を起こして、
わくわくするような世界になっていきますように。

今年も、ほんとうにありがとうございました!
空
(雨は上がりました。ちゃぶ台の窓から)


今日は、長崎でのライブ。
10日ほど滞在した、熊本ともお別れです。
いつも、熊本を旅立つ時は、「ちゃぶ台」の清田さんが駅まで見送ってくださいます。

清田さんは、僕にとっては、
一番お世話になっている方であり、いのちの恩人であり、
言葉で言い表すことのできない、なんというか...優しさや母性の象徴のようなかたです。
そんな清田さんに見送ってもらうことが、旅の安全や、また元気に熊本に戻ってくるジンクスのようになっていて、ずっと続いてました。

でも今日、清田さんは息子さんの結婚披露宴があり、
僕の出発時間に間に合わなかったので、
同じくちゃぶ台スタッフのアヤさんが送ってくださいました。

アヤさんが、ぎゅーっとハグしてくれて、
バイバイして、ホームでぼうっとしてたら、
ずっと向こうの改札のあちら側で、
着物姿の清田さんが手を振ってくれているのが見えて......
泣きそうになりました。

ありがとう、清田さん。
行って参ります。


    *     *     *     *     *


そして、長崎に到着。

今日のライブは、
今年の8月に、初めて長崎市内でライブしたときに、
声をかけてくださった、TEAM GOGO NAGASAKIのみなさんが企画してくださいました。

蜜蝋のキャンドルを30個ほど並べ、
長崎ジャンベクラブの「ホロヤカン」と一緒に、音を紡ぎました。

これは、僕の印象でしかないけど、
長崎のみなさんは、熱くて、優しい。
「祈りの長崎」というけれど、ほんとにそんな優しさのあるみなさんに囲まれ、
とても雰囲気のいい、ライブをすることができました。

幼い頃から、戦争と平和を身近に感じながら育ったみなさんが、
いま、環境問題や、平和に対して、さまざまなアプローチを模索している。

単に、「戦争反対!」と叫ぶだけでは、ついて来れない人、抵抗を感じる人、距離をおいてしまう人がいることも、すごくよくわかっている若い世代が、若い世代なりのアプローチの仕方で、平和を作ろうとしている。

それは、日本全体や、世界をリードしていく魅力を持っている。

僕も、演奏というものを通して、
少なからず、みなさんのお力になれたのならば、嬉しいです。

これからもどうぞよろしくお願いします。


ということで、12月の九州ツアーは千秋楽。
今年最後の九州公演を無事終えました。

明日は東京!
カフェスローで、自分の原点に還る、ライブです。
でっかいバックパック背負って旅していると、
大変ですね、って言われることも多いけど、
いやーそんなのも楽しいんです。

重い荷物を背負ってる分、下ろしたとき、快感があるよ。

ほら、
頑張って仕事したあとのビールも、
すっごく寒い日に入る温泉も、
たくさん練習した末のライブも、
みんな幸せだ。

そこに至る苦労をたくさんしたぶん、達成したときの喜びがある。

だから、
苦労は楽しい。

人からやらされるのは嫌だけど、

自分で選んだ苦労であれば、楽しい。
そっから逃げたら、もったいない。
今週は、熊本と長崎でライブします!
長崎は、冬至のキャンドルナイトです。
ぜひぜひお越し下さい!

-> ツアーの詳細


(以下、転送・転載 大歓迎!)


....................................................................................

12月19日(水)
「重松壮一郎 みこころピアノ・コンサート」


会場: イエズスの聖心(みこころ)病院
熊本市上熊本2-11-24
(上熊本駅から徒歩7分)
tel: 096-352-7181
時間: 14:00 - 14:30
料金: 無料

病院内のチャペルでの30分間の演奏です。
一般の方もご覧頂けます。

【お問い合わせ】
イエズスの聖心(みこころ)病院
tel: 096-352-7181


....................................................................................


12月22日(土)
100人のキャンドルナイト in 長崎
「ワン・ドロップ・コンサート
 ハチドリのひとしずく?いま、私にできること?」


会場: Live&Cafe Blue Rain
長崎市住吉町13-7 住吉亭ビル3F(住吉神社下)住吉電停から徒歩2分
te: 095-842-3444
時間: 開場18:30 開演19:00
料金: 大人2000円 学生1500円 中学生以下無料
   ペア券: 大人3500円 学生2500円 親子(大人 +学生)3000円
   ※いずれも1ドリンク付き / 当日300円UP
   ☆素敵なプレゼントもあります♪
出演: 重松壮一郎、ホロヤカン

『I know から I doへ』
『知っている』だけではなく、『している』へ・・・

あなたに今、できることがあります。
ピアノ、ジャンベで紡がれるこの地球上の音たち。
この星との繋がりを感じながら・・・
キャンドルの灯りの下、あなたも”ひとしずく”を落としてみませんか。

【ご予約・お問い合わせ】
meg tel: 080-3229-3456 mail: reunion821@yahoo.co.jp
小倉城


今日は、小倉の「ケイトミュージック」にて、
尺八奏者RYOSAIさんとの8度目の共演でした。

2005年の春に、初めてRYOSAIさんとご一緒したときに比べたら、とても自然に音を出せるようになりました。

あのときは、尺八という楽器の「有」と「無」、
つまり、音があるときと、無音のとき、
息を吸っているときと、吐いているとき、
その「間(ま)」に、自分がどう絡んでいくのかを、
強烈に考えさせられた記憶があります。

そのときに比べると、
頭で考えなくとも、
即座に体が反応するようになりました。
自然に音を重ねられるようになりました。

しかし、慣れというのは恐ろしいもので、
下手すると、音を重ねすぎてしまって、足し算しすぎてしまう。

次回の共演のときには、
初心に返って、取り組みたい。


次回は、3/29(土)「もも庵(福岡・箱崎)」での共演です!


八幡
舞台
(開演前の様子。調律中です)


半年間の準備期間を経て、
熊本県八代市のパトリア千丁でのソロ・コンサートが、無事に終了しました。

これまで、イベント出演で大きなホールで演奏することはありましたが、ソロでやるのは初めて。
しかも、八代市で演奏するのも、もちろん訪れるのも初めてで、
今回の主催者のかたとご一緒するのも、初めて。

初めてずくしだっただけに、途中、いろんな壁もありました。
一番の問題は、集客のこと。
八代で、僕の音楽を聴いたことある人が、一人もいない。
もちろん僕の名前を知っている人もいない。
主催者も八代在住ではない....

そんななか、主催者自らが、僕のCDのコピーと、フライヤーとチケットを持って走り回ってくださったのでした。
実際に自分の足でまわるのは、時間も労力もかかるので、今のご時世、メールやwebで宣伝することも多いです。
しかし、ほんとに自らの足でまわって、一人一人にCDを聴いてもらい、反応が良ければチケットを買っていただく、ということを地道に繰り返してくださったのです。
そして、そのまたつながりある皆さんが、宣伝・チケット販売に協力してくださったのです。


そして、八代以外から駆けつけてくれたみなさん、
熊本市、玉名、福岡、横浜からも来てくださったみなさんがいて、
無事に、コンサートを終えることができました。

『水滴のダンス』は、個人的には、いままでの最高のできだったと思う。
もう何度も聴いてくれているお客さんが、
「夢中で聴いてました。もうこれ以上は考えられないなんて思いながら、唯々、夢中で聴いてました。今回の『水滴のダンス』を聞けば、sosoさんのピアニストとしとの最初のから今がすべて伝わってくるような気がしました。」
という感想をくださり、涙が出ました。

そして、朗読とのコラボレーション。
今まで、同じような試みはやってきたけれど、
これも最高のできだったと思う。
何より、読んでくださるかたが、1つ1つ心を込めて読んでくださったおかげだと思う。
今回読んでくださったのは、地元でずっと読み聞かせ活動をされてるボランティアグループ「いないいないばぁ」の皆さんと、地元の中学の国語の先生。
ほんとうにありがとうございました。

そして最後の『息をして』。
ずっとオリジナル曲にこだわって来た自分の、表現したいすべてがこの曲に込められている。
曲がおしまいに近づくに連れて、頭はどんどん「無」に近づき、
心と魂と肉体だけで、弾けている自分がいました。


ほんとうに、ありがとう。
有り難うございました。

このコンサートを助けてくださった全てのかたがたに、
心から御礼申し上げます。

僕にできる一番の恩返しは、
もっともっといい演奏ができるようになることだと思っているので、
これからも、精進します。

本当に、有り難うございました。
八代フライヤー


今年の年末も、九州にてツアーを行います。
12/15(土)のライブは、初めての500人規模のホールでのソロ・コンサートとなります。
これまでの自分の集大成であると同時に、新たなステージへの挑戦であると思っていますので、
多くのみなさまにお足を運んでいただきたいと思っております!

お忙しい時期ではありますが、いのちに響く音を、精一杯紡いできますので、
ぜひともお越し下さい。お待ちしております!

★ツアーの詳細


....................................................................................


12月15日(土)
「重松壮一郎 ピアノ・ソロ・コンサート
 ?みずみずしい いのちが きらきら音たて あふれだす?」

http://www.livingthings.org/yatsushiro

会場: 八代市千丁文化センター(パトリア千丁)
熊本県八代市千丁町新牟田1433
tel: 0965-46-2611
時間: 開場17:00 開演18:00(終演予定: 20:00)
料金: 前売: 一般2000円 中高生1000円 小学生500円 障がい者1000円
(いずれも当日500円UP)未就学児:無料

初となる、熊本県八代市でのライブ。田んぼの真ん中にある大ホールでのソロコンサートです。
初めて熊本で演奏したのが2004年夏。それ以来、たくさんのみなさまにご縁をつないでいただき、ここまできました。
ほんとうに有り難うございます。
ぜひとも、お越し下さい!

※絵本の朗読とのコラボもあり。会場には温泉も併設しています!

【チケットのお求め】
《お電話・メール》
コモド・アート・プロジェクト
tel: 096-284-8220 メール: info@comodo-arts.com
※ご予約の際には(1)お名前(2)連絡先TEL・メール(3)枚数 をお知らせください。

《店頭》
庄野学生堂 / 有明楽器 八代支店 / 水車物語 /ブルーアース21 水前寺

【お問い合わせ】
パルコ tel: 080-1772-6592 (18時以降にお願いいたします)

-> コンサート オフィシャル Webサイト



....................................................................................


12月16日(日)
「陰陽の音
 ?尺八とピアノのライブ」


会場: ケイト・ミュージック
福岡県北九州市小倉北区大門2-3-6 葭本(ヨシモト)ビル1F
tel: 093-561-8314
時間: 開場19:00 開演19:30
料金: 前売2000円 当日2500円(+ 1ドリンク・オーダー)
共演: RYOSAI(尺八)

-> フライヤー(JPG形式)


福岡を拠点に活動する尺八の異才・RYOSAIさんとの8度目の共演。
今回のテーマは、「陰陽」。
光と闇、生と死、水と炎、静と動、表と裏、太陽と月...
拮抗する森羅万象のエネルギーが、音に力を与てくれる。

【ご予約・お問い合わせ】
ケイトミュージック
tel: 093-561-8314 mail: mysteriouskate@gmail.com
rocks


僕は、昨日の朝、自宅に戻り、
そして今朝、また旅立ちました。

とはいえ、今日はまだ九州入りはせず、
広島の「Rocks」というお店にお伺いし、
打ち合わせをしてきました。

とても雰囲気の良いお店でした。
特に、ピアノ響きがふんわりやわらかく、しかもクリアな感じで、
とてもよかったです。

来年の、3月8日(土)にライブすることになりました。
中国地区のみなさん、ぜひともお越し下さいね!!
その他の地域のみなさん、お知り合いがいらしたら、ぜひご紹介ください!

そのあとは、原爆ドームへ行きました。
毎年、1回は行くようにしていますが、冬に来たのは初めて。
木々の葉も少なく、また夜でもあったので、
いつも以上の存在感を放っているように感じました。
奥のほうから、慟哭が聴こえてきそうでした。

僕は、ほんの少し、ピアニカを吹きました。


そのあと、広島の友人とお好み焼きを食べ、
再び、電車に乗りました。
明日は午後から、熊本の「FMやつしろ」でラジオ生出演です。


原爆ドーム
森のテラス


今日は、森のテラスでライブでした。
今年も、たくさんライブをさせてもらいましたが、今日で最後。

季節ごとに違った魅力がある、森のテラス。

春はぽかぽか。
夏は蝉の大合唱。
秋は芸術日和。
冬はしっとり薪ストーブ。

今日は、お天気もよく、鳥もたくさん鳴いていて。
ときおり冷たい風が吹くけれど、
そうすると落ち葉がはらはらと落ちてきて、
それもまたいい感じ。

ライブの終わった後も、みなさんずぐには帰らずに、
なんとなくテラスにいたりして、いい雰囲気でした。


12月のこの忙しい時期、
いろんなイベントやら、忘年会やらが重なり、
仕事も大詰めだったりする中で、
今日、ライブに来ることを選択してくれて、
ほんとうにありがとうございました。


今日のライブは、僕のメインテーマである、
「生きとし生けるものすべてに向けて音を紡ぐ」ことを目的に、
森の自然と交感しながら、完全即興で演奏するライブ。
昨年から始めて、今日で10回目でした。

来年は、1月27日(日)に開催します。
ぜひお越し下さいね。
森とともに、お待ちしております。


森のテラス
代官山


今日は、代官山でキャンドルナイトをしました。
12月のこの時期、まわりの建物は、電飾でキラキラですが、
こちらは、蜜蝋でキャンドル・ナイトです。

何をやるにも徹底したい僕としては、
完全に灯りを落としたかったのですが、
消防法上、それは無理だということで、少し灯りを残しました。

共演した、よしのえりかさん、星子健太郎さんは、
どちらもシンガーで、なかなか良い声の持ち主。
二人の歌を聴きながら、歌っていいなぁと思いました。

シンガーにとっての楽器である喉は、
生まれもってのもの。
ピアニストにとって楽器であるピアノは、
その会場にあるものを使うしかありません。

だから、ピアニストは、
どこでどんなピアノに出会ったって、
自分の音色、自分の響きでピアノが弾けるように、
努力するのだ。

今日、聴いてくださったかたが、
「ずっとツワリがひどかったけど、今日は初めて楽な夜だった」
と言ってくださった。
よかった。

お腹の赤ちゃんにも伝わってたらいいな。
今週末は、東京にてライブします。

金曜日は、暗闇カフェ。
土曜日は、代官山でキャンドル・ナイト。
日曜日の森のテラスは、ソロとしては、年内最後です!

お忙しい時期ではありますが、
ぜひともお越し下さい。

(以下、転送・転載 歓迎!)

.............................................................................................


12月7日(金)
闇を音に紡ぐ
「暗闇カフェ」ライブ

会場: カフェスロー(国分寺駅より徒歩15分)
時間: 開場18:00 開演19:30
料金: 前売1000円 当日1200円(ともに1ドリンク付き)

【ご予約・お問い合わせ】
カフェスロー tel: 042-314-2833
-> メールでのご予約はこちら

カフェスロー恒例の人気イベント「暗闇カフェ」。
ロウソクの灯りだけで過ごす非電化ライブです。重松は暗闇演出人として2時間のライブを行います。
いっさいの電気を使わない空間は、新しいような、懐かしいような不思議な空間です。
蝋燭の火が揺れるのをみつめながら、ゆっくりとした夜をお過ごしください。


.............................................................................................


12月8日(土)
「心を伝うおと
 ?蜜蝋の光と音に包まれる夜のコンサート」

会場: Caffe Cuore(クオーレ)(代官山駅より徒歩10分)
時間: 開場18:00 開演18:30
料金: 前売2000円 当日2500円
共演: よしのえりか、星子健太郎

-> ライブの詳細


【ご予約・お問い合わせ】
elica_yosh@kjps.net(よしのえりか)

代官山キャッスル・ストリートにある、ガラス張りの透明感溢れるカフェでのキャンドル・ライブです。
心に響くやさしい音を聴きにいらしてください。
蜜蝋のやわらかい光とともに、あったかいカプチーノやカフェラテを用意して、お待ちしております。


.............................................................................................


12月9日(日)
「music for all living things
 ?生きとし生けるものすべてに向けた音 vol.10」

会場: オープンガーデン「森のテラス」(京王線仙川駅より徒歩15分)
時間: 開場12:30 開演13:00(?15:00)
料金: 前売 1800円 当日 2000円
   ※障がい者割引 前売 1500円 当日 1700円
  (ともにドリンク付き)

※お菓子の出店
奈良の純菜菓「美呆」のお菓子販売もあります

-> ライブの詳細

【ご予約・お問い合わせ】
http://www.livingthings.org/contact/

重松壮一郎が自分の原点にたつライブ・シリーズ。
昨年からスタートし、今回でついに第10回を迎えることができました。

「人間だけでなく、近所の犬のチロにも聴いてもらいたい。スズメにも、ミミズにも、タンポポにも、モミノキにも聴いてもらいたい--------」
そんな想いを実現できる場所「森のテラス」と出会うことで生まれたこの企画。

風の音や、鳥や虫たちの声が鳴り響く中、即興演奏で、1音1音をていねいに紡いでいく、森のコンサートです。
おいしいオーガニック・ドリンクとともに、ゆっくりとお楽しみください


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

※詳しいライブ・スケジュール:
http://www.livingthings.org/schedule/
表参道


僕は、10年以上、同じ美容師さんに髪を切っていただいています。
でも、そのかたが、表参道から、故郷の鳥取県のほうにお店を移転されるので、今日が、髪を切っていただくのが、最後となりました。

いま、僕の身近にいる人、定期的に会っている人々は、
ここ5年以内に出会った人がほとんど。
だから、10年前の僕を知ってる人、しかも、2?3ヶ月に1回も会っているのは、この美容師さんだけだと思います。
といっても、お店以外で会ったことはないので、不思議です。


重松くんも、変わったよなぁ、と言われます。
たしかに。

学生のころからずっとインドアだったのが、
20代後半からだんだん、旅するようになって、
アウトドアになってきましたもんね。


西日本を旅する途中で、鳥取に行きますね。
空


僕はいま、岐阜大学病院でのライブを終えて、新幹線で東京へ向かうところです。
今日の岐阜大学病院でのライブは、楽しかったなぁ。

1時間の枠の中で、
前半の30分は、僕の即興演奏とオリジナル曲、
後半の30分は、患者さんとご家族みんなに楽器をお渡ししての、大セッション大会。

50人近く参加してくれただろうか。
音楽療法的なアプローチではなく、
アートとしてのアプローチで、僕はやってきたい。


今回は、
山形と岐阜と言う、東京を挟んで行ったり来たりのツアーで、
ちょっと心身ともにハードだったけど、
なんとか無事に終えることができて嬉しい。

みなさん、ほんとにありがとうございました。


そして、これからは、
今週末に東京での3dayライブがあり、
すぐに九州ツアー
そして、年内最後の東京ライブがある。

万全の体勢でのぞめるように、
体調管理を第一に、がんばります。
空


夕べのライブの打ち上げからホテルに着き、
床に着いたのが午前2時。
そして6時には起きて、
7時の山形新幹線に乗り、
東京でまたこんどは山陽新幹線に乗り、岐阜へ
(新幹線のハシゴは初めてだ)。

眠い。でも、空は美しい。


空


今日は、お世話になっている岐阜市の「きらら音楽企画」の音楽会に、
出演させていただく。
会場は、「クララザール」というとてもきれいなコンサート・ホール。

終わった後は、ぐったり。
でもなんとも言えない充実感。

今日もありがとう。


クララザール
開演前
(開演前の様子)


今日は、米沢市にある、「久里学園」の講堂でのライブ。
今回のコンサートは、今年の春に僕が米沢でライブした時の、
お客さんのおひとりが、僕の音楽を気に入ってくれて、
主催してくれたコンサート。

コンサートの主催なんて初めてだという彼女が、
僕のコンサートを開きたいというたった1つの想いだけで、
米沢や山形をかけずり回ってくださって、
まわりの人もかけずり回ってくださって、
実現させてくれたコンサート。

そんな想いに包まれているせいか、
僕はとっても安心して、リラックスして演奏することができました。

それに、たくさんのお客様が、たくさんの力をくれた気がする。
だから、僕は、空っぽでよかった。
みなさんの力をもらって、弾けた気がする。


想いの力はすごい。
ほんとにありがとう。


またひとまわり大きくなって、
帰って来れますように。
これらも日々、がんばるよ!!!

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。