上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つるおかユース


昨日、庄内でのコンサートを終え、今日は米沢へ移動です。
数日間お世話になった鶴岡ユースのピアノともお別れです。
次回は、9月上旬に来たいな?と思っています。


米沢からわざわざ来てくれた樋口有美ちゃんの車で、米沢へ。
寝不足だった僕は、助手席で終始、寝たり起きたりしてました.....
スポンサーサイト
玉杉


今日は、庄内にお住まいの門脇さんのお宅でのホームコンサート。
午前中は、鶴岡ユースのりょうまさんに「玉杉」という千年以上の巨樹に連れて行ってもらい、エネルギーを充電。


そして、午後は庄内に移動しました。
その車での道中、僕は昼寝させていただいたのですが、目が覚めると、見渡す限りの田んぼの風景!(まだ水はないけど)
どこまでもどこまでも、果てしなく田んぼが続いています。美しい....

そして門脇さんのお宅にお邪魔したのですが、ホームコンサートとはいえ、30帖以上ある立派な広間でのコンサートで、いわゆるホームコンサートから連想するイメージではぜんぜんないです。
しかし、このアットホームなおもてなしは、ホームコンサートならではのものであり、とても素敵な空間でした。門脇家のみなさま、ほんとうにありがとうございました。

今日は、仙台のDUO「エル・クルー」も、わざわざ仙台から来てくださいました。
彼らとは、5/31、6/1の両日に、仙台で共演します
仙台のみなさま、ぜひお越し下さい。会場も素晴らしいです。

また、昨年の12月に米沢で僕のコンサートを主催してくれた樋口有美ちゃんも来てくれました。
久々の再会。彼女は、5/2にも米沢のコンサートを主催してくれています。


そして、コンサート。
僕は今日は着物で弾きました。
というのは、今回依頼してくださった門脇さんが和裁のお仕事をされていて、いつも僕のコンサートに着物で来てくださるからです。
僕のほうから、着物で演奏したいとお願いしました。
以前も着物で弾いたことがありましたが、そのときは夏だったので、浴衣でした。
今回は、白襦袢も着て、着物も着て、羽織も着て、ばっちしって感じの和装です。

ピアノは、かつて、おじいさんが孫たちに残したものだそうです。ずっと眠っていたそのピアノを3回も調律・調整してくださいました。そしてライブの直前にも、ちょっと音の柔らかさに関して注文させていただき、手直ししていただき、そうしてやっと演奏できる状態になりました。


ピアニストは自分の楽器を持ち歩けず、毎回、他人の持ち物で演奏するという、珍しい演奏家です。他の楽器では、まずありえないと言っていいと思います。
それは、実は大変なことであり、正直言って、マイナス面のほうが大きいです。

でも、今日、演奏前に思ったのです。
僕は、そんなピアニストという職種でよかったんじゃないかと。

もし、僕が毎回、自分の楽器で演奏する演奏家だったら、
もっと自己顕示欲が強くなっていたかもしれない。
自分の楽器の音色を聴かせたい・披露したいという欲求が前面に出てしまっていたかもしれない。

僕は、他人の楽器を弾かせていただく分、いつも謙虚な気持ちになることができ、
半分は自分の想いを、そして半分はその楽器に込められた持ち主の想いを受け取って、演奏できるのです。

そんな気付きをいただいた、ホームコンサートでした。

僕は、これからも、ホームコンサートを続けて行きたい。
そのおうちのかたが、ピアノに込められた想いを受け取り、音にし続けたい。


門脇家のみなさん、
手伝ってくださったみなさん、
そして来てくださったみなさん、
ありがとうございました!


着物
チューリップ


今日はOFF。
朝は素敵なチューリップを見に行きました。


羽黒山


そして午後はまず、羽黒山詣でをしました。
何もかもが巨大で、びっくり!
(写真ではぜんぜん伝わらないのですが....)


玉川寺


そのあとは、玉川寺に行きました。
去年の夏も行ったのですが、ほんとうに素敵なところです。
お庭がとても素敵なお寺で、四季折々の姿が楽しめます。
建物の作りもとても素敵で、何時間でものんびり過ごしたくなります。
ああ、こんな家に住みたい.....


そして夜は、井上くんと寿司を食いに行きました。
前回行ってとても気に入った「八方寿司」さんです。
うまかったー。

井上くんともいろいろ話しました。
彼が、僕が一見柔らかそうに見えて、実はとがっている、と言ってくれたのが、うれしかった。
僕は、他人と違うことをしているだけの信念、こだわり、批判精神、反骨精神があります。
優しいだけ、きれいなだけの癒し系音楽は、絶対に演奏したくないし、
生も死も、喜びも哀しみも、きれいさも汚さも、両方表現したいのです。

彼が、自分のことを分かってくれている気がして、
とてもうれしかったのでした。

玉川寺
開場前
(開場前の様子)


今日から東北ツアーです。
初日は、昨年の春にも演奏した、山形県鶴岡市の「欅(けやき)ホール」。
今年も、地元の和物雑貨のお店「花うさぎ」さんが企画してくださりました。

ここのピアノはちょっと古いもので、音も少し固め。
実は、昨年演奏した時に、その固めのピアノに合わせて、歯切れのよい曲を演奏したのですが、逆に柔らかい曲を弾いたほうがよかったのではないかと、あとで思いました。

今回は調律師さんにもできる限り柔らかい音にして欲しいとお願いしました。
そして、選曲も柔らかな曲を選び、そしてすべての音を優しく弾くように心がけました。

お客さまが少ないかもしれないと聞いていたのですが、50名ほどのお客さまにお越しいただき、会場の雰囲気もすごくよくて、とてもいいコンサートになりました。
お越しいただきましたみなさま、本当に有り難うございました!


僕の演奏を大阪で聴いてくれた井上くんも、わざわざ来てくれて、再会。
打ち上げは「花うさぎ」さんで、夜な夜な飲み明かしました。

今回は、「花うさぎ」さんの5周年記念として企画してくださいました。
オーナーの千鶴さんが、「私は音楽のことは何にも分からない。でも初めて重松さんのピアノを聴いたとき、すごくピンと来たの」と言ってくれたことがうれしかった。

音楽を聴くのに、知識はむしろ邪魔になることも多く、
分かる・分からないの問題でもなくて。
ただ、空気を伝うこの「音」というものに、演奏者と聴く人が、心を重ね合わせるという素敵な行為に、身を委ねるだけだと思うのです。

千鶴さん、ありがとう。
またよろしくお願いいたします。
しろ


「sosoが毎日、美しいときを生きますように」
と言ってくれた友達がいた。

僕は、いま、美しいときを生きているだろうかと、
問いかける。

純粋に、音のことだけ考えて生きれたらいいのだけど、
生きることは悩むことでもあり、苦しみでもある。

でも、それもひっくるめて、音にできて、
美しさにできたらいいなと思う。

それが僕の、美しく生きる毎日にできたらと思う。



4月末?5月あたまにかけて、東北ツアーを行います。
1つ1つが、とても充実した企画となっております。
ぜひともお越し下さい。お待ちしております!

お知り合いが、東北地域にお住まいでしたらば、ぜひお知らせください!

(以下、転送・転載 歓迎!)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★春の東北ツアー2008
  http://www.livingthings.org/0804tohoku/
 ..................................................................................................................
 4/27(日) けやきホール(山形・鶴岡市)
 4/29(祝) 門脇邸(山形・東田川郡)
 5/02(金) カフェハウス パウゼ(山形・米沢市)
 5/04(日) 秋田・森のテラス(秋田・北秋田市)
 5/05(祝) 秋田・森のテラス(秋田・北秋田市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


4月27日(日)
「重松壮一郎 ピアノ・コンサート」


会場: 欅(けやき)ホール(山形・鶴岡市)
鶴岡市布目字宮田154-1
tel: 0235-23-1494
時間: 開場18:30 開演19:00
料金: 2000円

鶴岡の和雑貨のお店「花うさぎ」さん主催によるコンサート。今年も開催します。
会場は、今年も欅ホールです。田んぼに囲まれたけやきの蔵はとても素敵な空間。ぜひともお越しください!

【ご予約・お問い合わせ】
花うさぎ
山形県鶴岡市本町三丁目4-32
tel: 0235-24-0955

.............................................................................................


4月29日(火/祝)
重松壮一郎 in 庄内 ? ホームコンサート
「一会」 - いちえ -


会場: 門脇邸 お茶の間(山形・東田川郡)
東田川郡立川町大字肝煎字内中田47-1
時間: 開場18:00 開演18:30
料金: 前売 1500円 当日1800円(お茶とお菓子付き)※未就学児無料

個人のお宅での小さなコンサートです。ホームコンサートならではのアットホームな空間での演奏をお楽ください。
お気軽にお越し下さい。お楽しみに!

【ご予約・お問い合わせ】
門脇 ユミ
tel: 090-6783-0975
※当日券は立ち見となる場合があります。ご了承ください。


.............................................................................................


5月2日(金)
「重松壮一郎 ピアノ・コンサート」
 ? すぐそこからあふれでる音に 手をのばす


会場: カフェハウス パウゼ
米沢市成島町1-4-16-2(※木場町歩道橋すぐ黄色の建物)
tel: 0238-23-4760
時間: 開場18:30 開演19:00
料金: 前売2000円 当日2500円(1ドリンク付き)
ゲスト: 千田祥子(ピアノ連弾)

毎年演奏している米沢。毎回いろんな場所で演奏させていただいていますが、今回も初めて会場で「カフェハウス パウゼ」さん。
また友人のバンド「のどのど」のメンバー・千田祥子さんがゲスト出演してくださり、即興でピアノ連弾をします。ご期待ください!

【ご予約・お問い合わせ】
樋口
tel: 080-5222-1245  


.............................................................................................


5月4日(日)
あきた森のテラス「森びらき祭」
「重松壮一郎 ゆうぐれピアノコンサート」


会場: あきた森のテラス
北秋田市上羽立(秋田内陸線「米内沢」駅より 徒歩15分。国道105号沿い、下羽立?惣内の間。お向かいの「木材チップセンター」 の積層丸太が 目印です。駐車場あり)
時間: 開場10:00 開演16:30(- 18:30)
料金: 2000円(入園料1000円 + コンサートチケット1000円)

あきた森のテラス、ついに本格オープン!
「あきた森のテラス」は、秋田の里山環境を舞台にした、開放型の個人庭園(プライベートガーデン)です。場所は、秋田県の北東・北秋田市の山里(敷地面積:約26ha)。白神山地や十和田湖、森吉山などの自然遺産にも近く、滝や温泉も多い、自然豊かな土地です。昨年の夏のプレ・オープンの際に、コンサートをさせていただきましたが、ついに本オープンいたします!
5月3日(土/祝)?5月11日(日)の9日間は「森びらき祭」として、楽しいイベントがめじろ押しです。その中で、4日(日)、5日(月/祝)に、重松が出演します。

今回は、なんと野外コンサート!
ぜひともお越しください!

※「森びらき祭」の詳細はこちらのPDFをご覧ください
http://www.moritera.com/moribiraki-matzri.pdf

【お問い合わせ】
あきた森のテラス 事務局/番人小屋
北秋田市米内沢字長野岱378
tel: 0186-72-5920
mail: akita-moritera@coral.plala.or.jp


.............................................................................................


5月5日(月/祝)
あきた森のテラス「森びらき祭」
「幻想にたゆたう舞い」


会場: あきた森のテラス(北秋田市上羽立)
時間: 開場10:00 開演16:30(- 18:30)
料金: 2500円(入園料1000円 + コンサートチケット1500円)
共演: 野口祥子(舞踏)、井山順子(語り)

「森びらき祭」の2日目は、舞踏家・野口祥子さんとのコラボレーション。
夕暮れどきのテラスで、かがり火とライティングで演出された舞踏に合わせ、ピアノを弾きます。この日も野外コンサートです。野口さんは広いテラスをぞんぶんに使って、幻想的に舞います。

【お問い合わせ】
あきた森のテラス 事務局/番人小屋
北秋田市米内沢字長野岱378
tel: 0186-72-5920
mail: akita-moritera@coral.plala.or.jp


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

詳しいツアー・スケジュール

※演奏依頼、募集中!
こちらまで、お問い合わせください

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

細見美術館


今日は、大阪に行った後に京都に移動。
7月19日(土)にライブする「細見美術館」に、リハーサルに行ってきました。
ちょっと遅れて会場に着くと、共演/主催者の「xanthipita(クサンチピータ)」がセッティングしてくれていました。

初めてこの空間に訪れたのですが、ほんとびっくり。
5層吹き抜けの地下庭園に、オープンテラスを持つカフェ・レストラン「cafe CUBE」さんがあり、そのテラス(野外ステージ)にてライブします。
客席は、レストラン内とテラスだけでなく、階段の上からも見下ろす階上席も設けます。

写真で伝わらないのが残念!


細見美術館


5層吹き抜けに響くピアノの音。
クサンチピータのsadaくんのウッドベース/コントラバスも、
とても気持ちよく体に響いてきます。

今日はまだ本番の3ヶ月前だけど、僕が京都に出向く機会があまりないので、
リハーサルをしました。
当日は、お互いのソロステージの他、共演ステージもします。
僕はクサンチピータの曲が大好きで、
今日、彼らのオリジナルを一緒に演奏できて、とても嬉しかったし、
また新たな引き出しを試されてる感じで、面白かったです。


細見美術館


当日は、竹明かりアートで、会場全体が演出されます。
ものすごく幻想的な雰囲気になりそう。
100名くらいのお客さまに来ていてだきたいと考えていて、
そうすると下からも上からも、ぐるっとお客さんに囲んでもらって聴いていただく感じです。

うーん、想像しただけでも、素敵な夏の夜になりそうです。
関西の皆さん、7月19日(土)にぜひいらしてください!!
車窓から
(岐阜から大阪に移動中)


今朝は岐阜から、大阪に移動。
大阪の十三にある、「カフェスローOSAKA」に行ってきました。

お店はまだスタートして間もない、新しいお店ですが、
この空間(古いジュース工場を再利用したビル)は以前からあり、
僕はこの空間自体には、数年前に訪れたことがあります
(そのときの訪問が、いまある関西のつながり?ひろちゃんや清火くんたちとのつながり?の始まりでもありました)。

久々に訪れたこの空間には、
カフェピトューさんという移動カフェが入っていて、
みんなでカフェスローOSAKAをされていました。
前とは少し違った印象だったけど、
エクアドルコーヒーや、ナマクラ(ナマケモノ倶楽部)関連の書籍など並んでいて、
僕からするとかなり馴染み深いものでした。

ちょうどこの日は、ECOイベントをされていて、
お客さんもスタッフもたくさんいらっしゃいました。

みんな初めて会う人たちだけど、
ナマクラつながりだったり、
熊本小国TAO塾の波多野さんつながりだったり、
菓子美呆のりへいくんの友達だったり、
友達の友達がたくさんいました。

中には、今週土曜日の森のテラスのライブに行く予定です!
というかたもいらっしゃいました。

あとから東京のカフェスローの友人に聞いたけど、
カフェピトューの見島さんもエクアドルツアー参加者だって。

スバルくんや、アンニャも今度イベントするんだって。


僕は、8月8日(金)に、こちらのキャンドルナイト・イベント「くらやみカフェ」に、暗闇演出人として出演することになりました。

大阪でも暗闇カフェで演奏できるのが、とっても嬉しい。
みなさん、ぜひいらしてくださいね。
夕陽


いつの間にか、泣いていることがある。

演奏をしているとき、いつの間にか泣いていることがある。
演奏が終わったとき、なぜか目の横が濡れている。
涙を流している自覚がないのに、泣いている。

今日の演奏は、岐阜大学病院。
最後の「息をして」を弾いた後、いつの間にか泣いていた。

僕は、毎回毎回が、人生最期の演奏だと思って弾いている。
このあと、交通事故で死ぬかもしれない。死なないかもしれない。
それは誰にも分からないけど、最期かもしれないのだ。

だから、僕はいつの間にか、泣いていたのかもしれない。


僕のいまの演奏は、いまここにしかない。
たまたま今日病院に来て、聴いてくださったかたにとっても、
今日演奏があることを知っていて、来てくださったかたにとっても、
これが、最後の機会かもしれない。
芸術とは、生きるとは、そういうものだと思う。


演奏後、
「また岐阜に来てくださいね」
と言ってくださるかたがいる。

応援してくださるかた、
いつも助けてくださるかたがいる。

ありがとうございます。
また参ります。
車窓


春の天気は変わりやすい。
昨日は雨が吹雪いたけれど、今朝は雲が大移動。
新幹線の車窓からは、みるみるうちに青さを取り戻す空が見える。


今日は、岐阜の三甲美術館でのライブ。
岐阜市は、市街地のすぐそばに山がせまっていて、
車で走っていても、新緑がもこもこした山が、ずーんと目の前にいつづける。

美術館のお庭の緑もキラキラ輝き、
小鳥たちがさえずり、
大きなガラス窓から、見える木々を見つめながら、
僕は音を1つ1つ紡ぐ。

この空間はかなり理想的な演奏空間だと思う。


三甲美術館


演奏後、ここ最近いつも聴きに来てくれる名古屋の友人が、
「面白かったー。けっこう攻めますね。毎回違いますね。」
と言ってくれる。

僕の演奏のどの部分に、面白さを感じてくれたのか、
どのへんが攻めている感じなのか、
僕には分からないのだけど、
彼がいつも独特の感性で感じてくれて、
そんなコメントしてくれるのがとても興味深い。

いつもありがとう。
またゆっくり話しましょう。


ああ、夕陽が美しい。


夕陽
森テラ


今日は木曜日。
友人が僕のインタビューをとってくれることになり、平日の森のテラスへ。
キッチンでランチも作ってくださり、ピアノも弾き、有意義な時間を過ごしました。

こうして森のテラスでピアノを弾いていると、
僕はすべてを取り戻す。

空気を伝わる音は、
僕の体と、鳥や木々をつなぐ。


いつも土日にライブを企画していますが、
ご要望があれば、平日でも企画します。
お一人のためだけでも演奏しますので、
気軽に声をかけてくださいね。
ライブ風景


今日は、山口ともさんとのライブ、「ガラクタに咲いた花?廃品打楽器とピアノの森の音楽会/山口とも + 重松壮一郎」です。

晴天にめぐまれた昨年のライブとは違い、ぐずついたお天気。
朝降っていた雨がやんだかと思えば、またぱらつき、そしてまた止んで.....

雨の場合は、当日券(テラス席)を出すことができないのですが、
ライブの始まる頃には、雨はやみ、テラス席を設けることができました。


ライブ風景


ともさんには、場所の制約上、昨年より少しこじんまりしたセットを組んでいただきましたが、
小さなもの、大きなもの、たくさん詰まった秘密基地のようなセット。

たくさんのお客さまに囲まれ、
最前列では、子どもたちが目をまんまるさせて、身を乗り出して楽しむライブ。

音とは、本来、ドレミファじゃないけど、
僕の楽器は、ドレミファしか出ない(普通の弾き方をする限りは)。

ともさんの繰り出してくるいろんな音に、ドレミファで音を重ねるのは、難しい。
いや、難しく考えなきゃいい訳で、僕は僕で、必死に食らいついて行きました。


ライブ風景


「水滴のダンス」でセッションしているとき、
嬉しくて、気が飛びそうでした。
おっとあぶないあぶないと思いながら、正気に戻りました。


ライブ風景


僕が、ふだんは気付いていない引き出しを、
どんどん引っ張りだしてもらい、
それでもまだ奥で引き出しを握ってしまってる自分にも気付きました。

たくさんの学びがあり、
また次の共演に向けて、どんな自分になっていきたいかも、分かりました。

いやまぁとにかく、楽しくて楽しくて、幸せな日でした。
最後は、ライブが終わってしまうのが、とっても名残惜しかったです。


ライブ風景


最後に、

雨の中お越し下さり、窮屈なお座席と、予想外の寒さにも我慢くださったお客さまに、
心から御礼を申し上げたいです。
みんなの笑顔が、何よりも僕の心に残りました。

そしていつも全面協力してくれる森のテラスのみなさん、

飲食を通して、イベントを盛り上げてくれた友人たち、
受付などの業務を担ってくれた友人たち、

山口ともさん、岡部さん、
ありがとうございました!!


ライブ風景
さかな


今日は、「チキュウヲソウゾウスルジカン vol.6」の日。
カフェスローの店内に、でっかいキャンバスを張り巡らし、みんなでライブ・ペインティングします。
真ん中では、僕らミュージシャンが演奏。
音と絵が相乗効果で、できあがっていきます。


セッション


毎回、心配になる集客ですが、
たくさんのお客さまにお越しいただき、おおいに盛り上がりました。

最初はみんな人前で絵を描くことに照れがあり、戸惑いもあるのだけど、
ひとり二人と描き始めると、みんな入り乱れて、ところ狭しと描きまくる。
ごちゃごちゃだけど、なんかいい空間なんだよなぁ。

実はみんな、内側にたくさんのエネルギーをためていて、
それを出す場がないのかもしれない。
みんなのエネルギーを爆発させるには、小さなキャンバス。
いつかもっと巨大にやってみたいね。


魚くん、岡林さん、テュペロドライブのみなさん、
盛り上げてくれてありがとう!

手伝ってくれた友人たち、カフェスローのみなさん、ありがとう!

来てくださったみなさん、ありがとう!


テュペロ
今週末は、東京2daysです。

土曜日は、カフェスローにて、平魚泳くん・岡林立哉さん・テゥペロドライブと共演。

日曜日は、廃品パーカッションの山口ともさん(ともとも)と共演。
雨だと当日券が出せないのですが、今のところは曇りのようなので、だいじょうぶそうです。どしどしいらしてください!

そして、日曜日はランチプレート(700円)も出します。天然酵母パン+野菜のおかず+スープのセットです。
菓子美呆は、特製の玄米チョコサンドクッキーを出してくださいます!


(以下、転送・転載 大歓迎!)


フライヤー


4月12日(土)
「アースデイ2008
 全員参加型ライブミュージック&ペインティング
 チキュウヲソウゾウスルジカン vol.6」


会場: カフェスロー(東京・国分寺)
東京都府中市栄町1-20-17(JR国分寺駅より徒歩15分)
時間: 開場11:30 開演12:00(終演予定: 15:00)
料金: 一般: 前売 2000円 当日2200円
学生・障がい者: 前売 1000円 当日1200円
(ともに1ドリンク付き)
小学生以下: 500円 / 未就学児 無料
出演: [音楽] 重松壮一郎(ピアノ、メロディカ)、平魚泳(うた、ウクレレ、ジャンベ etc.) 、岡林立哉(馬頭琴、ホーミー)、Tupelo Drive(テュペロ ドライブ) / [絵] 会場のみなさん!

アースデイは地球のことを想う日。
この日を祝って、地球への想いを描こう!
3年前のアースデイにカフェスローでスタートしたイベントの第6弾! 店内にぐるっと180度のキャンバスをはりめぐらし、出演者、お客さん全員で、ライブ・ペインティングします。中央ではミュージシャンが演奏! 気持ちよい音楽に包まれながら、カフェスローの土と藁の空間にめいっぱい広げたキャンバスに自由に絵を描こう! 絵も音も、みんなが参加可能! みんなで作るイベントです。

-> ライブの詳細


【ご予約・お問い合わせ】
カフェスロー tel: 042-314-2833
メールでのご予約はこちら



フライヤー


4月13日(日)
「ガラクタに咲いた花 」
 ?廃品打楽器とピアノの森の音楽会
  山口とも + 重松壮一郎


会場: オープンガーデン「森のテラス」(東京・仙川)
調布市若葉町1-32-13(京王線仙川駅より徒歩10分)
tel: 03-3307-1987
時間: 開場11:30 開演12:30(15:00ごろまで)
料金: 前売2500円 当日3000円(オーガニックなドリンク付き)
未就学児 無料 / 前売券は30名様限定
共演: 山口とも(廃品パーカッション)

ガラクタに命を吹き込む打楽器奏者「山口とも」さん。NHK「ドレミのテレビ」で「ともとも」という愛称で、UAなどと共演されていた、素晴らしい演奏家です。
昨年も大好評だった、「ともとも」とのライブ。
今年も、東京の自然あふれる「森のテラス」で開催します。
春の森のテラスは、一年で一番いい季節。花が咲き、木々が青々としています。天然酵母パンなどのオーガニックなフード & スイーツの出店も予定しています。春の息吹が満載の森の音楽会に、ぜひどうぞ!!

-> ライブの詳細


【ご予約・お問い合わせ】
http://www.livingthings.org/contact/

※当日券は晴天時のみ
「森のテラス」のテラス席は野外のため、雨天時にはご用意できません。晴天時・曇天時のみ、当日券としてテラス席をご用意いたします。現時点では曇りの予報なので、当日券は出せそうです!
フライヤー


僕もショックだったのですが、ながらくお世話になって来たギャラリーぽっぽが閉店になります。
数ある自然の中のライブ会場でも、ここまで大自然のところはなかっただけに、とっても残念です。
再開店を祈りつつも、明日はさよならコンサートになります。
たくさんの想いを受け取り、さくさんの想いをこめます。

平日ですが、ご都合の良いかた、ぜひいらしてください。
お待ちしております。


■4月10日(木)
「重松壮一郎 春のピアノ・コンサート in ぽっぽ」

会場: ギャラリーぽっぽ(東京・鳩ノ巣)
時間: 開場11:00 お食事11:30-12:30 ライブ12:30-14:00
料金: 2500円 (お食事、お飲物付き)

奥多摩の大自然に抱かれた渓谷のカフェ
毎回好評な「ギャラリーぽっぽ」でのライブ。今回は、一番いい時期、春のコンサートです。お店は、渓谷を望む崖の上にあり、その眺望は最高!まさに自然の中のコンサート。鳥の声や、川の音に包まれながら、ゆっくりお楽しみください。
名物料理「お野菜丸ごと食べちゃおう」のお食事付きです。 テレビでも取り上げられた、ギャラリーぽっぽの看板メニュー。 ボリューム満点です!

【ご予約・お問い合わせ】
ギャラリーぽっぽ
東京都西多摩郡奥多摩鳩ノ巣(棚沢)662
tel: 0428-85-1164


ぽっぽ
菜の花


一日だけ自宅で過ごし、今日からまた移動。
よく考えたら、次に自宅に戻れるのは、6月上旬。
3月後半?6月上旬で、家にいるのは一日だけってことか。

自分で選んだ、旅の生活。
しかし、あきらかに年々体力は落ちていっているし、
食生活を規則正しくできないことが気になってきた。

旅はしつつも、どこかに拠点を構えたいと、前から思っていたけど、
そろそろ拠点探しを始めようと思う。

そこは自宅であり、
ライブ会場であり、
アトリエであり、
スタジオであり、
カフェであり、
交流場であり、
ゲストハウスであり、
ギャラリーであり、
美術館であり、
舞台空間であり、
アートの実験場であり、
雑貨屋さんであり、
アートショップであり、

森があって、
海があって、
畑があって、

エコロジーと平和の場である。


廃校になった木造校舎みたいなとこがいいかなぁ。
まず、どこの地方の何県にするかも、目星がついてないのですが。
朝日
(このあいだ、唐津で撮った日の出)


今日は移動日。
いま九州の門司駅から本州の下関駅へ行く電車に乗り換えました。

先々週の福岡・熊本公演でツアーは千秋楽となりましたが、このあいだの土曜日に友人の結婚式があったので、しばらく熊本にいたのでした。



さよなら九州。


今回もいろんなことがありました。
出会い、別れ、再会、新たな絆、再出発。

たくさんの仲間たちに助けられ、1つ1つがぐっとくるような、想いの降り積もるライブになりました。

この降り積もった想いを胸に、
次の一歩一歩を、
次の一音一音を、
紡いでいきたいと思います。

さあ、家に帰って一日したら、次の日から東京だ。
今月はあと岐阜もあるぞ。岐阜での完全なソロ・コンサートとしては初めてだ。
そして月末から山形だ!

また一つ一つが大切なライブになりますように。
みんながライブに込めてくれた想いを音にしていけますように。


ありがとうございました!


散歩

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。