上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライブ風景


熊本との別れを告げ、今日は福岡・博多でライブ。
筥崎宮前にある「もも庵♪」での、RYOSAIさん(尺八)との10度目の共演です。

思えば約4年前、福岡の赤坂にかつてあった「ペンタグラム」で初めて共演(->当時の日記)。
以後、季節ごとに共演を重ね、ついに10回目。


尺八という楽器と、ピアノという楽器の違い。
邦楽と洋楽の違い。
その違いを思う存分、楽しみながら、ここまで来た気がします。

RYOSAIさんから学んだ、
「間(ま)」の感覚。
「呼吸を合わせる」感覚。
それは、いつの間にか自分のなかに息づき、
当たり前のようになっていました。

最初のころは、尺八の音に、ピアノの音をかぶせてしまうことにためらいがあり、
RYOSAIさんが作ってくれる「間(ま)」をすごく待った気がします。
今は、あまり考えず、自然に弾けるようになりました。
音を重ねるイメージができると同時に、体はもう弾き始めている。
そんな感覚です。

10回目の共演を経て、
その感覚をそのままに、
しかし、間を作ることにももっと意識的になってみようと思いました。

そして、全体をうまくまとめようとせずに、
挑戦的に、行くとこまで突っ走って、突き抜けるような、
そんな演奏をしたくなりました。

もう一度、ゼロに戻って、初めてのときの感覚でやってみたくなりました。


ライブが終わり、お客さん(佐世保の舞ちゃんとクレムも来てくれた)とさよならしたあと、
近くの屋台で、RYOSAIさんと二人で、焼酎でいっぱいひっかけました。


音楽をやっていくということ。
こうして、交わって、音を重ねるということ。
どんな姿勢で、音と向き合い、お客さんへと向かうか。

それをこうして語らえる仲間がいることに心底、幸せを感じ、
また一緒に演奏する時には、もっと成長した自分で相見えたいと、
心から思って、別れた夏の終わりの夜でした。


ライブ風景
スポンサーサイト
和楽からの風景


今日は、熊本市内にある「ウェルネススクエアー和楽」でのコンサート。施設の5周年記念記念イベントの一環として、企画してくださいました。
上の写真の通り、施設を囲む田園風景がとっても美しい。ここで見る夕陽はまた格別だそうです。

コンサートには、70名超のお客様にお越しいただきました。
ありがとうございました。

久しぶりにグランドピアノで、2時間のソロ・コンサート。
それだけでも僕自身、演奏する喜びも大きく、
しかも、多くのみなさんと時間を共有でき、
幸せな時間でした。


ライブ風景


演奏後にはお食事もいただきました(1階のレストランは、650円でマクロビオティックのランチバイキングをされてます!)。

そのあと、友人たちとゆっくり過ごした後、玉名のちゃぶ台に戻りました。
昨日のライブの疲れもあり、ぐったりしてたのですが、
ちゃぶ台に、長崎の友人・桑迫賢太郎くん(半農半画家)が来てて、再会を喜び合い、話しているうちにいつの間にか元気になってました。
TAOの波多野さんにも会えたり、以前から会いたいと思っていたデジャーデンゆかりさんともお会いできたり、幸せな夜でした。
ちゃぶ


僕は広島市内のパーカッションハウスPICOで、平魚泳くん・小池龍一くんとライブした後、熊本に移動してきました。

一昨日から玉名のちゃぶ台に来て、オーナー清田さんの玄米ご飯(僕は清田さんのご飯が最高に好き)を毎日3食いただき、エネルギーをたくさんもらっています。
そして今日は、その魚くん・龍ちゃんとちゃぶ台でライブです。


移転後の新しいちゃぶ台で、魚くんとライブするのは初めて。
それに、龍ちゃんもずっと前からちゃぶ台に紹介したいと思っていたので、
今日、二人とここでライブ出来ることは、とてもうれしい。


ライブ風景


オープニング・セッションのあと、3部構成で、それぞれのオリジナル曲を活かしたかたちで進行。
それぞれのオリジナル曲に、それぞれが敬意と愛着を持ってるからこそ、できるライブだなぁと思いました。

時折はさむ、ソロ曲で、相手の成長を見たりするのもまた楽しい。龍ちゃんの「待合室」、とってもよかった。龍ちゃんの優しさが伝わって来たよ。魚くんの「魚音頭」で、みんながちょっと恥ずかしそうに、でも楽しそうに、手拍子したり一緒に歌ったりするのを眺めるのも、幸せでした。


僕のソロを聴きたいと思うかたも、共演を聴きたいというかたもいらっしゃる。
1つのライブで、両方の方にご満足していただくのはなかなか難しい。
両方のライブを企画してるので、それぞれにまた来ていただきたいし、
共演ライブでも、ソロが好きな人に楽しんでもらえるように、これからもいろいろ取り組んでいきたい。共演ものでも、しっかり自分の個性が感じてもらえるように頑張りたい。


ああ、何にせよ、
みんながいるから、僕は成長できるのだ。
魚くん、龍ちゃん、ありがとう。


ライブ風景
ツアー風景


隠岐の島から米子へ移動して一泊したあと、
僕は広島の北部、芸北と呼ばれる地域へと移動しました。

今日のライブ会場は、廃校になった古い小学校を再利用した施設、「清流の家」。
とってもかわいい校舎。
ここの2階に、講堂があって、そこが今日のライブ会場です。


お客様は、約70名。
町の人口だってそんなに多い訳じゃないし、なじみのないピアノのコンサート、
しかもオリジナル曲と即興演奏.....
それなのに、こんなにたくさんのお客様。
ほんとにみなさんありがとうございました。


今日のピアノは、なんと80歳。
アップライトピアノが、購入時の音を維持できるのは、10年前後だとピアノの販売店では言ってました。もちろん、部品を交換し続ければ、30年でも使えますが、それにしても、80年というのはすごいです。
傷だらけ、鍵盤の端はギザギザに欠けています。
もちろん、音もすごい状態だったと思うのですが、調律師の坂井原さんが、今日のコンサートのために、何日もかけて調律・調整してくだいました。

本当にありがとうございました。


ツアー風景
photo by katsunobu shirakawa


僕は、キャンドルの灯火のなかで、
大事に大事に、弾かせていただきました。

外では虫の声、川の音。
開演前は、校舎のなかをドタドタドターッと走り回っていた子どもたちも、
コンサートが始まったらシーンと静まり返り、
2時間の長丁場を、ずっとずっと静かに聴いてくれました。


ツアー風景
photo by katsunobu shirakawa


地元のかたが、
初めて聴く僕のピアノを、
とても温かく受け入れてくださったことが、
何よりも僕は嬉しかった。

そして、たくさんのかたがスタッフとして関わってくださり、
お一人お一人が、よいイベントになるようにとご尽力くださいました。
そのみなさんのお気持ちが、そのままコンサートの雰囲気になり、
僕の音になったと思います。


みなさんありがとう。
またぜひ演奏しにきたいです。


ツアー風景
(スタッフとして関わってくださったみなさんと記念写真)
photo by katsunobu shirakawa
ツアー風景


ありがとう

ありがとう
海士町のみなさん

ほんの短い滞在、
初めて会う人たちばかり

でも島のみんなは
あたたかくて
優しくて
仲良くしてくれて
島の雰囲気そのものだった

小さくなってゆく島
小さくなってゆくみんな
僕も小さくなってゆく
見えなくなるまで手を振った

ピンクのテープは
いつまでも風にたなびき
ちぎれ
くしゃくしゃになった

そのくしゃくしゃのテープ
僕はだいじにするよ

さようなら

また会うとき
ひとまわり成長した自分でいられますように

ありがとう
ありがとう


ツアー風景
ツアー風景

ツアー風景


こんなに大きなヤドカリは見たことがない。
鮮やかで透き通るような赤色。
びっくりです。
ツアー風景


米子で一泊した後、僕は昨日から島根の隠岐の島に来ています。
僕が来ているのは、「島前(どうぜん)」の中ノ島にある、「海士町(あまちょう)」です。

招いてくれたのは、高野清華さん。彼女は、熊本からこの島にIターンして、「巡の環」という会社を立ち上げ、町おこしなど、いろんなことに取り組んでいます。
そもそもは、2005年に、当時まだ大学生だった清華ちゃんが、実行委員長を務めた「BeGoodCafe熊本」というイベントに、僕が出演したことがきっかけです。

めぐりめぐって、
隠岐の島でライブ出来ることになったのがとても不思議だし、とても嬉しいです。


圧倒的な、青さ。
空も海も。
そして、島の緑が、ほんとうに美しい。


ツアー風景


ライブには、90人近いお客様。
島の人口から言ったら、これはすごいこと!
みなさん、ほんとうにありがとうございました!

今日はゲストで、地元の中村さんをお迎えして、1曲コラボレーションしました。
「お盆」をテーマに、即興で、ピアノと歌。そして、中村さんが書いて来てくださった詩を読んでくださいました。

日本人独特の、
魂をお迎えする、お盆という時期。
亡くなられたかたの魂と、僕たちの魂が交わるとき。

これからも毎年、お盆の時期にはこれを表現していきたいな。


ツアー風景
(島で一番大きなお祭り、「キンニャモニャ祭り」にて)
鳥取より、こんにちは。
午後から島根の隠岐の島に移動します。
風が強くて、高速艇は欠航だそう。フェリーで向かいます。


9月は、東京で5公演行います。それぞれ、充実の企画です。
夜の森のテラスでの公演、
マクロビオティック・ランチ付きライブ、
気功教室とのコラボもあります。

みなさま、ぜひぜひお越し下さい。
お待ちしております!

詳細はこちら:
http://www.livingthings.org/schedule

重松壮一郎


(以下、転送・転載 歓迎!)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★重松壮一郎 9月の東京 5公演
 ..................................................................................................................

 9/07(日) 夜の森のテラス(東京・仙川)with 野口祥子(舞踏)
 9/18(木) Gallery & Cafe FIND(東京・十条)
 9/19(金) 暗闇カフェ @ カフェスロー(東京・国分寺)
 9/20(土) 森のテラス・ソロ(東京・仙川)
 9/21(日) 気功 + ピアノ @ 森のテラス(東京・仙川)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■9月7日(日)
「森からのおくりもの
 ?踊りとピアノと語りのセッション」
 in 夜の森のテラス

会場: オープンガーデン・森のテラス(東京・仙川)
時間: 開場17:30 開演18:00(60分間)
料金: 2000円(限定30名様)
共演: 野口祥子(舞い)、井山順子(語り)

今年の春に、秋田の森のテラスで共演した、野口祥子(舞い)、井山順子(語り)とお送りする、幻想的な一夜。夜の森のテラスは、また違った魅力があります。即興コラボレーションの他、重松のオリジナル曲「水滴のダンス」に野口さんの舞いがプラスした曲もお送りします。ご期待ください。

【ご予約・お問い合わせ】
tel: 03-3480-4478(野口祥子)
tel: 080-1165-6366(井山順子)


.............................................................................................


■9月18日(木)
「美呆展」+ 重松壮一郎 ピアノ・ライブ

会場: Gallery & Cafe FIND(東京・十条)
時間: 19:00 - 20:30
料金: 2200円(ドリンクつき)
※小中学生は入場料1100円(りんごジュースがセットになります)
共演: 稲尾教彦(詩人、菓子美呆店主)

ピアニスト重松壮一郎と美呆の童話の朗読コラボレーション。
昨年も開催した、菓子美呆の展覧会「美呆展」。 奈良県桜井の純菜菓子「美呆」の稲尾教彦さんの童話を題材とした、大山・中板橋・仲宿の地域密着型の合同展覧会となります。「食と命のつながり」というテーマに、童話や詩や音楽などさまざまな表現で取り組む、大展覧会です。
稲尾教彦さんの朗読とのコラボレーションの他、 重松のソロ・ステージもあります。昨年よりもさらに深みを増した二人の表現にご期待ください!

※「美呆展」とは?
http://www.mihouten.com


.............................................................................................


■9月19日(金)
闇を音に紡ぐ「暗闇カフェ」ライブ

会場: カフェスロー(東京・国分寺)
時間: 開場18:00 開演19:30
料金: 前売1000円 / 当日1200円 (ともに1ドリンク付き)

※暗闇カフェとは?
http://www.cafeslow.com/event/kurayami_cafe.html

電気を遣わずに過ごす"自主的停電"ライブで闇に包まれ、音に包まれ、ゆっくりすごす夜
カフェスロー恒例の人気イベント「暗闇カフェ」。ロウソクの灯りだけで過ごす非電化ライブです。重松は暗闇演出人として2時間のライブを行います。いっさいの電気を使わない空間は、新しいような、懐かしいような不思議な空間です。蝋燭の火が揺れるのをみつめながら、ゆっくりとした夜をお過ごしください。
また、カフェスローは、国分寺駅から徒歩5分の場所に移り、リニューアルいたしました。新しいカフェスローをぜひ体感しに来てください。お待ちしております。

【ご予約・お問い合わせ】
カフェスロー
東京都国分寺市東元町2-20-10(新店舗)
(JR国分寺駅南口より徒歩5分)
tel: 042-401-8505
mail: cafeslow@h4.dion.ne.jp


.............................................................................................


■9月20日(土)
「music for all living things
 ? 生きとし生けるものすべてに向けた音 vol.14」

会場: オープンガーデン・森のテラス(東京・仙川)
時間: 開場12:30 開演13:00(ランチの方は12:00から)
料金: 前売: 一般2000円 / 中高生1500円 / 小学生500円 / 障がい者1500円
(1ドリンク付き / 当日券500円UP / 未就学児無料)

重松壮一郎の原点にたつライブ・シリーズの14回目。今回もオープンガーデン「森のテラス」で行います。
人間だけでなく、近所の犬のチロにも聴いてもらいたい。スズメにも、ミミズにも、タンポポにも、モミノキにも聴いてもらいたい。そんな想いを実現できる場所「森のテラス」と出会うことで生まれたこの企画。風の音や、鳥や虫たちの声が鳴り響く中、1音1音をていねいに紡いでいく、森のコンサートです。お馴染みのヴィーガン・スイーツの出店もあります。

■マクロビオティック・ランチ付チケット(要予約)
「マクロビパパ」さんこと石野 大輔さんによる、マクロビオティックのランチをご用意します!限定20名様。チケット代 + 1200円です。メニューは、「玄米ごはん、五目スープ、みょうがと薄揚げ・小松菜の煮浸し、南瓜の直煮、シャン豆腐、赤い野菜のブレゼ、餅粟とカリフラワーのクロケット、漬け物、ブロッコリーとトマト」などなどを考えています。ぜひご予約ください!

【ご予約・お問い合わせ】
こちらのフォームよりどうぞ
http://www.livingthings.org/contact
(ご予約人数とランチの有無をお知らせください)


.............................................................................................


■9月21日(日)
「気功 + ピアノ in 森のテラス」
 ?心と体と自然のハーモニー?

会場: オープンガーデン・森のテラス(東京・仙川)
時間: (午前の部)10:30 - 12:00(午後の部)13:00 - 14:30
※入れ替え制 / 各回7名まで
料金: 3000円(お茶付き)※完全予約制

講師: 高野みずき(Pine Tree 気功の会 代表)
スポーツクラブ、自主サークル、イベント等での教室、ワークショップのインストラクターを努める。日本健身気功普及員、国際コスモセラピスト
http://hw001.gate01.com/zabu/

春に開催し、大好評だった「ヨガ + ピアノ」の第2弾!
今度は、気功とコラボレーションします。
ゆったりとした気功の動きと、そこから生み出されるピアノのメロディーはどんなハーモニーを奏でるでしょうか?気功によって研ぎ澄まされた体に、ピアノの音が心地よく響き渡るのを感じて下さい。心と体に生命力を蓄える贅沢な時間です。気功の動きは何度も繰り返し練習しますので、全く初めての方でも大丈夫です。

【ご予約・お問い合わせ】
高野みずき
tel: 090-4414-9627
mail: mizukit@gmail.com
gouach hair


いつものgouache hairで。
東京の時から、松本さんにはもう10年以上切ってもらってます。
米子でopenしてからは初めてです。
山陰にお住まいの皆さん、ぜひ行かれてみてくださいね。
ツアー風景


今日は島根のドマカフェのみんなと一緒に、石見銀山に行きました。


ツアー風景


地元の人からすると、「もともとはいい感じにひなびてたのに、世界遺産になってからは人が多くて、お店も増えて.....」とのことです。まあ、初めて来た僕にとっては、とてもよいところでしたよ。お店が増えたといっても、いわゆる観光地のお土産物屋さん通りみたいな感じではないしね。


ツアー風景


上の写真が、銀山のなかです。
左下に、白くて丸いものが写っています。
拡大してみると分かるのですが、これは....


ツアー風景


帰りに海に行きました。
日本海のゆうやけはとっても綺麗でした。

寝転がって少し眠り、
それから足をつけたり、
貝を拾ったりしました。

ドマカフェの3人が、なんだかドラマの1シーンのようだったよ。


ツアー風景
島根


昨日からドマカフェに滞在。
今日はOFFなので、まったり過ごしています。

ドマカフェを囲む環境は、山あいの、自然しかないようなところ。
美しい棚田、勇ましい山。吹き抜ける涼しい風。


島根


素晴らしい自然があるということは、その反面、人が少ない地域だと思うんだけど、
こんなに多くの人が集うカフェを運営してる彼らはすごいなと思う。
とても居心地がいい空間だものね。

2年前にたまたま雑誌で見かけたドマカフェに手紙を送って、
ほんとよかった。


島根
島根
(少しずつ集まり始めたお客様)


今日から、夏のツアーの中盤に入ります。
今朝、自宅を出て、夕方には島根県大田市の三瓶にある、「ドマカフェ・ギャラリー」に到着。
一年ぶりにこの場所に戻って来て、みんなの顔を見たら、ほっとしちゃった。

この連日の晴天と暑さの中、今日は雨でした。

夜8時からという遅めの時間帯。
しっとりと雨が振り
暗くした店内に
ふと訪れた静寂。

いまこの美しい時間にそぐわないような音は一音も弾きたくない。
そんな気持ちで、音を紡いでいきました。

聴いてくださったみなさん、
ドマカフェのみなさん、
ありがとう。


島根
阿波踊り


8月12日?15日は、徳島は阿波踊り一色に染まります。
今日は、徳島の西のほうにある脇町で、「誰でもどんな楽器でも参加可!」という阿波踊りがあり、魚くん(平魚泳)とともに参加してきました。
誘ってくれたのは、かまどGOGOの青木くんです。


阿波踊り


いま徳島市内などで行われている阿波踊りは、ある意味、show化してる面があります。入場料を支払い、鑑賞するタイプのものも多く、洗練され、クオリティが高い分、素人が参加しにくいかもしれません。でも、もともと阿波踊りは誰もが気軽に参加できる、素朴なものだったそうです。
今日、僕らが参加した阿波踊りは、まさにそんな素朴なものでした。

青木くんはジャンベ、僕はメロディカ、魚くんはウクレレやジャンベ。ジャンベは3、4人くらいいたね。地元のおばちゃんが「こうやって踊るんよー」と道ゆく人・観光客もどんどん巻き込む。青木くんの妹さんはパントマイムをするピエロ。それがまた踊りが上手い!


阿波踊り

阿波踊り


踊りと演奏の小さな輪は、脇町の古い街並で、ぐるぐるぐるぐる、延々と回り続けます。同じメロディ、同じリズムを延々と繰り返し、次第にトランス状態に.....!

ほんとに楽しかった。
来年もぜひ参加したいです!


阿波踊り
ライブ


夏の全国ツアー「夏旅2008」の3公演目。
今日は京都の京阪線「藤森駅」のすぐ近くにある「cafe Flip Flop」でのライブです。

主催は、友人のしじみちゃん。
ホーミー・馬頭琴奏者「岡林立哉」さんの奥様です。
自分の音楽仲間の奥さんが、ライブを企画してくれるなんて、とても幸せなことです。

お二人にはいま小さなお子さんがいらっしゃいます。
それもあり、今回のライブは、お子さん連れもOKのライブで、
お店の2階で授乳もできたり、お子さんが騒いでしまったら2階でも聴けるようにしました。

小さなお子さんというのは、
僕が小さな音を出すときは静かにしていて、
僕が大きな音を出すと、一緒になって大きな声を発してしまうもの。

今日は、始めはわりと静かに、この日曜日の午後の雰囲気を音にしていき、
後半に、音の大きな曲を持ってきました。


世の中にはいろんな音が存在していて、
お子さんの声もあるし、誰かの咳払いや、鼻をすする音、
お店の冷蔵庫の音、クーラーの音、換気扇の音、
外を走る車の音、道ゆく人の話し声....

それをすべて排除し、完全な静寂の空間を作りだし、
そこで演奏することも一方ではありでしょう
(コンサートホールでのクラシックの演奏会など、低年齢児は入場できなかったりする)。
演奏側としても、静寂に音を落としていくのは、格別の喜びではあります。

ただ、その一方で、
すべての存在を認め、それを排除せず、包み込むようなコンサートもあっていい。
今日はそんなコンサートであったと思います。

でも、それはこちら側の勝手な言い分で、
今日のコンサートでも、「静けさのなかで聴きたいな」と思われた方もいるかもしれない。
だとしたら、すべてを音で包み込むことが出来なかった僕の技量不足かもしれません。
ごめんなさい。

僕もこれからもたくさんのコンサートで経験を積んでいきます。
また、コンサートの種類としても、家族みんなで来れるコンサートもあれば、ほんとに静かに時を過ごしたい人のためのコンサートもやっておりますので、ぜひまたいらしてください。

今日も、ありがとうございました。
ライブ


夏旅2008」ツアーの3公演目。
今日は、大阪・十三にある「カフェスローOSAKA」でのライブです。
おやつの時間と、夜の公演「くらやみカフェ」の一日2回公演です。

東京のカフェスローの「暗闇カフェ」には2004年から20数回出演しています。
大阪のカフェスローでは初めてです。

おやつの時間は、のどかな、ゆったりとした時間のなかでのライブ。
僕は何も言葉を発せず、ただ黙って、1時間ピアノをたんたんと弾く。

でも僕は確かに、お客さんの存在を感じながらそれを音にし、この時を音にし、
お客さんには、音を感じながら、この時の流れ・深まりを感じてくれている。
素敵な1時間でした。


夜の「くらやみカフェ」にはお客様が35名ほど。
お店のこの「くらやみカフェ」が始まってから、一番多いそうです。
ほんとうにみなさま、有り難うございました。

この夜の演奏も、ただ静かに、そして時に激しく、
2時間、暗闇を音に紡いでいきました。

キャンドルの素敵な灯りのなか、
みなさん、とても静かに集中して聴いてくださり、
何か特別な時間が流れたように感じました。

ほんとうに有り難うございました。
またお会いしましょう。
ライブ


今日から、夏の全国ツアー「夏旅2008」です。
初日は、佐賀にある「ギャラリー花伝」さんでの3回目のライブ。

今日は特別な想いで向かったライブでした。
そこにあるすべてのいのちに向けて、音を紡ぐ。
それは、毎回毎回、努めていることです。
今日も、60名ものお客様がお越しいただき、
僕はみなさん一人一人に向けて、音を紡ぎました。

そして、その場にはないいのち、

ああ、僕の音は、
天へと旅立ったあの人に、届いただろうか。

それは誰にも分からないけど、

残された人々の心の中に、確かに存在するその人の魂に向けて、
そして、ひょっとしたらこの空気の中のどこかに存在しているかもしれない魂に向けて、
全身全霊で、ピアノを弾きました。

僕に何が出来るって訳ではないけれど、
ただ、僕はピアノを弾くしか出来ないから、
僕はピアノを弾きました。


最後の「息をして」のとき、気付いたら涙が出ていました。
アンコールの「いるよ いるよ」のとき、泣いて上手くしゃべれませんでした。
ごめんなさい。


僕はいるよ。
君もいるね。

そう言いたかったのです。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。