上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雲


1ヶ月に及ぶ、「水の月ツアー2009」も一昨日の大分県竹田市のライブで千秋楽。
今日は、昼ごろに竹田を出発し、夕方のフェリーに乗りました。


雲


九州が小さくなる。
雲が大きくなる。


雲


今日は雨が降ったり、やんだり。
でもいまはやみ、
雲の切れ間から、神々しい光りが溢れ、
僕を見送ってくれている。


雲


雲


今年は、九州のみなさんから多くのご縁をいただいている。
1ヶ月まるまるかけて九州を演奏してまわるのは、
この6月の「水の月ツアー」だけだけど、
3月、4月、6月、8月、9月、10月、11月、12月...
なんと、一年のうち、8回も九州に足を運ぶのだ。
ああ、本当にありがとう。



空は、だんだんと暗くなり、
やがて夕陽の時刻を迎える。

それとともに、僕の旅も終わった。


さようなら、九州。
また会う日まで。


雲
スポンサーサイト
サリモス


昨夜のツアー千秋楽のライブを終え、今日はOFF。
滞在先の大分県竹田市をぶらぶら。

いろんな人に会ったり、
次また来た時に、演奏させていただけそうな場所をめぐったり。
いい場所があっても、主催して、集客をしてくださるかたがいないと実現できないのがコンサート。僕が自分でやるときもあるけど、よっぽどつながりをもっていないとそれは難しい。

上の写真は、「サリモス」という山の中の素敵なスペース。
ここで演奏できたら、森に響く素敵なコンサートになるだろうなぁ。
お客様は、鳥の声とピアノの音が重なり合うのを感じながら、
森と調和することができるかもしれない。
もしコンサートをすることになったら、ご協力いただける方を募集しています.....


竹田はとてもいいところだと思う。
今日、町を歩いていて思った。
この町を良くして行こうという想いを持っている人が、たくさんいる。
そのつながりが、羨ましかった。

僕もいつか、自分の住む場所で、みんなで町おこしをしたい。
規模は小さくてもいいから、手作りの商店街を作ってみたい。
たった一本の道でいい。
とても個性的で素敵な、
雑貨屋さんがあり、カフェがあり、本屋さん、文房具屋さん、
ギャラリー、お菓子屋さん、花やさん、八百屋さん、立ち飲み屋が並ぶ。
おばあちゃんおじいちゃんと、子ども達が、縁側で一緒に遊ぶ。
それが、都市部じゃなくて、自然に囲まれたところにあったらすごくいい。
巨大スーパーにも、
同じような土産物屋がならぶ観光地にも、
チェーン店ばかりがならぶアーケードにも、
みんな飽き飽きしているのです。


さて、明日は家に帰ります。
ライブ風景


「水の月ツアー2009」 in 九州も、第9公演目。
大分県竹田市のCafe SlowBeatでのライブ。
ツアー千秋楽です。


振り返ると、長く感じる。
たくさんのライブ、たくさんの場所に行き、たくさんの人に会う日々。
ほんとうに、ありがたい。

僕はこの1ヶ月で、どれだけの想いを胸に抱き、重ねたことか。
そのぶん、音も少しずつ変化して行く。
ツアー初日ではレパートーリーにしていなかった曲が、
ツアー後半では組み込まれて行く。


今日の演奏曲目をこんな感じでした:

■第1部
1, 即興
2, 風のゆくえ
3, 粉雪
4, みずよとわに
5, 水滴のダンス

■第2部
6, 空に還った雲
7, あなたの魂はこの家に
8, 祈り
9, 息をして

(アンコール)
10, いるよ いるよ





前半の途中から、空がピカッと稲光。
休憩時間は、土砂降りの雨になりました。

後半最初の2曲は、新しいみずのえCD「雲」から。
いままで、色んなテーマで演奏して来たけど、雲をモチーフにした曲はなかった。
でも、僕は、昔から雲の写真を撮るのが大好きで、
いまこうして雲を音にできることがうれしい。

この2曲は、「家族」をテーマにしている。
家族は、誰にでもある。
血がつながっている家族も、つながっていない家族も。
そのなかには、誕生があり、死の別れもある。
刻々と変化し、生まれては消えてゆく。
雲のように。


最後に、「いるよ いるよ」を弾けて良かった。
「存在」というテーマを描き出すのに、
暗く重い、「孤独」というものをまずは表現せねばならない。
「孤独」を感じられなければ、僕らは「つながり」を感じられない。

僕はここにいます。あなたもそこにいるね。


このツアーに関わってくださったみなさま、
本当にありがとうございました。

またこの次に会える時を、本当に楽しみにしています。
もっと、いい音、いい時を紡げるようになれますように。


ライブ風景
シロ


今日は、長く滞在した長崎から大分へ移動。
長崎のみなさん、本当にお世話になりました。
シロ、ありがとう。生まれ変わったら、君になりたい。

九重インターで下りたあとは、ずっと山道。
阿蘇・久住の草千里に来ると、おお、来たーという感じ。
今夜は、竹田市のcafe SlowBeatで、水の月ツアー千秋楽です。


草千里
ライブ風景


水の月ツアー2009」第8公演目。
今日は、佐世保にある「紅カラス」さんでのライブ。

今日も、フラワーアーティスト吉村舞さんとの共演です。
最初に、舞ちゃんのお花のデモンストレーションがあり、それに合わせて、即興で弾きました。


ライブ風景


いままで、共演イベント「生の間」「joy!」等で、一緒に空間を作っていったことはあったけど、それとはちょっと違う感じ。アーティストとしてだけでなく、お花の先生として、お客さんや生徒さんにデモンストレーションを見せる彼女。これからもこういった共演はやっていきたいね。ツアーできたらいいな。


ライブ風景


そのあとはソロで、「風のゆくえ」「みずよとわに」「水滴のダンス」。
最高の集中力で演奏できた。

そのあと、みなさんお待ちかねのスイーツタイム
すごくでっかいレモンパイ&バナナパイ!)。

そして、舞ちゃんの「はなうた」(花につけた詩)の作品「水の声」にピアノ即興で合わせる。





最後は、「息をして」。
お越し下さったみなさま、ありがとうございました。


今日のお客さんは、初めてのかた、少し歳を重ねられたかたが多かった。
だから、できるだけ丁寧に自己紹介したり、作品紹介して、演奏した。
本当は、音で全てを語ろうとしている訳だから、言葉はいらないんだけど、
「この音楽はどう理解したらいいのかしら」と思われてしまったら、音の世界に浸ってもらない。
だから、頭で理解しなくていいので、リラックスして、身も心も委ねてくださいと伝えた。

新しい世界・未知の世界に触れることは少し怖いかもしれないけど、
いつも同じ音楽、いつも同じCDを聴くのもいいけど、
今日、僕や舞ちゃんが試みた、見たことない・聴いたことない表現の世界を、人生における新鮮なものとして、触れてもらえてたら嬉しいです。


長かった長崎滞在も、このライブで終わり。
舞ちゃん、たくさんのライブをコーディネートしてくれて、
ほんとうにありがとう。

毎回、たくさんの感動を共有できること、
表現するということ、
お客様に来ていただくということ、
相手に何かを届けるということを、
語り合い、
泉のように湧き出るさまざまな想いを共有できること、
心から、幸せだと思うよ。

また、8月を楽しみにしています。


ライブ風景

ライブ風景


今日は、佐賀県の有田にあるギャラリー花伝でのライブ。
フラワーアーティスト舞ちゃん(吉村舞)のオランダスタイル・フラワーアレンジメント教室に参加し、生徒さんがお花の制作中に演奏し、そのあと、ソロのライブもやります。今回で2回目です。

昨日までの雨とは打って変わって、今日は気持ちよい晴天。
今日は、20名ほどの生徒さんが参加し、「水に浮かぶ キャンドルアレンジ」を制作されました。

制作は一時間強。その間、僕は引き続けます。
前回は、即興を少しと、オリジナル曲を弾きましたが、
今回は、全曲を完全即興で、弾き続けました。

僕は、自己主張する訳でもなく、
かと言って、BGMになる訳でもなく、
この空間の一部として、
そして、同じように制作に挑む一人として、
ピアノに向かいました。

生徒さんの数は、前回の倍ですが、
前回は生徒さんがおしゃべりをする場面が多かったのに対し、
今回は、みなさん黙々と没頭し、ものすごく高い集中力。
結果的には、みなさんの作品のできもよく、舞ちゃん先生も驚くほどでした。
やはり、僕は完全即興で弾くべきだったんだと思いました。


ライブ風景


その後は、一人一人の作品に対し、舞ちゃんが講評。
そして、僕のソロライブです。

最初の2曲は、新しいみずのえCDより、
「空に還った雲」
「あなたの魂はこの家に」。

そして、MCのあと、
「息をして」。


短い30分のミニ・ライブだったけど、
ものすごくエネルギーが凝縮された、2度とない30分になりました。

今日は、この曲を、生と死、出会いと別れをテーマに選びました。
実は今日のこの場にいたかたの何人かが、
最近、近しい人を亡くされたことを聞いていたから。
そして、舞ちゃんがとても大切な仲間とお別れをすることになったから。


誰もがいつかは迎える死。
出会いと別れを繰り返す、僕らの人生。
ああ、川のように絶え間なく流れていく。


お別れはとってもつらいけど、
同じ時代に生まれ、
奇跡に近い確率で出会えたことに、心から感謝して、
この雪のように降り積もるたくさんの想いを胸に、
また一歩一歩、前進していこう。


ライブ風景


ライブ風景


今日は、夏至の日。
去年も出演させていただいた、長崎でのキャンドルナイトのイベント。
今日は、自分も主催者になって、mai & clem家で開催しました。

昨日までカラ梅雨の、かんかん照りの日が続いていたのに、
今日はとっても梅雨らしいたくさんの雨。
お客さんは40名以上。
部屋はそれほど広くないので、雨の湿気で、むんむん。
キャンドルの熱気もあるし、電気はボイコットだから冷房器具も使わないし(この家にはもともとないけど)。

みなさんが暑くなっちゃわないか心配しつつ、
イベントはスタート。


前半は僕のソロ。
途中、「みずよとわに」を舞ちゃんに歌ってもらう。


後半は、昨年と同じく、絵本作家・イラストレーター桑迫賢太郎とのコラボ。
去年はプロジェクターで絵を映した。
でも、電気をボイコットするイベントなのに、プロジェクターを使ったことは、
心残りだったので、今年は完全非電化。
彼は、巨大な紙芝居を作って来てくれた。


今年は3作品。
そのなかで、二つ目はプルサーマルをテーマにしたもので、
これはオルガンで音を合わせた。
3つ目は20分ぐらいあるモノクロの作品。


彼が、いつも新しいテーマ、新しい表現、新しい画風で、
作品を作ってくるのがとてもうれしい。

素朴であること、気取らないこと、自由であること、
地に足がついていること、地道に耕すこと。

高い魂で。

また来年を楽しみにしています!
蒸し暑い中、みなさん本当にありがとうございました!
ライブ風景


今日は、長崎県東彼杵郡の川棚町にある、児童保育クラブ「ゴリラはごりら」でのライブでした。
写真や映像で残っていないのが、ほんとうに惜しい、素敵なライブでした。

「ゴリラはごりら」は、学童保育の施設です。ここは、ほんとうに素晴らしい施設でした。
先生たちが、みんなみんな、とても優しい柔らかい笑顔の、お母さんのような方々ばかりでした。自分がもし子どもだったら、こんなところに来たかった、子どもに戻りたくなるような施設でした。

かわいい校舎と講堂、椅子、机。
今日は講堂にピアノとオルガンを並べ、
そのまわりを水の入った瓶と、キャンドルでまあるく囲み、コンサートをスタート。
25家族、こどもの数は30人ほどいて、大賑わい。


最初の20分は僕の即興演奏と「水滴のダンス」。
大騒ぎだった子ども達も、とても静かに聴いてくれました。


次の20分は舞ちゃん(フラワーアーティスト吉村舞)とのコラボ。
舞ちゃんが持ってきた色んな種類のお花を、大小さまざまな瓶に差していきます。
途中からは、子ども達も参加。
好きな花を、好きな瓶に差してごらん!
お母さんにもお花をあげよう、お父さんにもおみやげしよう!
とみんなうれしそう。


最後の20分は、全員で即興のセッション!
5種類ほどの楽器を、子ども、おとなみんな手にし、
自分の音、相手の音を聴きながら、音を重ねていきます。

ぼくの音、きみの音、どんな音?

僕が伝えたかったことは、
自分の存在に気付くこと、相手の存在を感じること、
思いやること、
調和することの素晴らしさ、
みんなで心をひとつにすることの、素晴らしさ。

音が重なるうちに、音の輪が広がり、厚みが増してくる。
ピアノも加わり、ジャンベも加わり、
最後は花瓶とキャンドルのまわりをぐるぐるみんで大行進!
盆踊りか、音楽隊の行進か、
なんとも楽しい、不思議なセッションでした。


参加者のみなさん、先生方、ほんとうにありがとうございました。
子どもたちと何かをするということは、自分の学びでもある。

手探りで当たり前。
たくさん手探りながら、子どもたちと一緒に学んで行きたい。
島田美術館


こんなところでコンサートします。
熊本市内にある「島田美術館」。
お天気がよければ、このお庭で、野外コンサートを楽しんでいただけます。

10月17日(土)午後2時開演です。
お楽しみに!
みずのえCD


みずのえCD 第2弾、タイトルは「雲」。
本当は裏テーマがありますが、それは表には出していません。

収められている8曲の解説は、どこにも載せていないで、
気になる人は、「この曲ができたエピソードは?」って、僕に聴いてください。


小梅ちゃん、食べないでくださいね。
長崎にて


月曜日から、長崎に来ています。
いち早く海で泳いだりしています。


長崎にて


毎日とてもよい天気です。
梅雨はどこへ行ったのでしょう.....


長崎にて


それから、長崎市内にも出て、9月5、6日に2daysでライブする、
カフェ豆ちゃん」にご挨拶に行ったり、
友人が開店準備を進めているヴィーガン・カフェに行ったり(10月にライブするかもです)。

坂の町の、階段の上から見る夕陽は、
いつもと違った夕陽でした。


長崎にて
ライブ風景


水の月ツアー2009 in 九州」も、4公演目。今日は、熊本県玉名市にある「ちゃぶ台」でのキャンドルナイト・ライブ。

倉永養蜂園の倉永さんの蜜蝋キャンドルを使って、夏の夜を、音と炎で過ごしました。
東京カフェスローの暗闇カフェなども含めれば、もう50回近く、キャンドルナイト形式のライブをやっています。でもここ、ちゃぶ台では初めて。
街中だと、電気を消してもある程度外が明るかったりしますが、ちゃぶ台だとほんとに真っ暗。

はじめはまだ少し明るくて、鳥の声が聴こえていたけれど、
次第に真っ暗になり、カエルの声、ヤギの小梅ちゃんの声、ときおり車の音。

「風のゆくえ」を弾き始めたら、
そよそよと風が吹き始めた。
古民家を吹き抜きける風とピアノの音。

みなさん、ありがとうございました!
次回のちゃぶ台でのライブは、8/23(日)。
菓子美呆の稲尾教彦(のりへい)くんの朗読との共演、
ゲストに川原一紗(vo)を迎え、「みずよとわに」を歌ってもらいます。

さぁ、明日から、長崎に移動です。
ライブ風景

水の月ツアー2009 in 九州」も、3公演目。今日は、熊本県熊本市にある「お菓子の香梅 帯山店 ドゥ・アート・スペース」でのコンサートです。

ここでさせていただくのはもう3年目。
お菓子屋さんのなかのコンサートスペースで、ときおりお買い物するお客さんの声が聞こえたり、外の車の音がしたり(今日は救急車が3回通りました)。
そういった人間の営みも含めて、音とすべてとの調和を願うコンサート。

いつもは2時間ぐらいのライブだから、それに比べると30分くらい短い構成のライブ。それだけに、ぎゅっと詰まった、濃密な時間の流れでした。

お客さん一人一人の時間。
みんなが自分と向き合う時間。
僕と一人一人が、音でつながり合う時間。

みなさん、お越し下さり、ありがとうございました!



岡垣サンリーアイ


昨日の福岡県遠賀郡でのコンサートの後、そのまま泊まり、
今日は、すぐ近くの岡垣町にある、岡垣サンリーアイで打ち合わせ。
11月14日(土)に、ここでコンサートをします。

約600人ほど入るホール。
ピアノの音が、一番後ろの席までも、よく響きます。

小さな会場のよさも、大きな会場の良さもある。
大きな会場の良さは、僕が思いっきり弾けることかも。
小さな会場は、思いっきり弾くと、うるさくなってしまうことがあるから、
セーブすることも多い。

今回の企画は、サンリーアイの職員のかたが、僕を気に入ってくださり、
毎年、命をテーマに行っているイベントの出演者に、僕を選んでくださいました。
前半は、朗読とのコラボレーションで、後半はソロ・コンサートです。

朗読は、公募で選ばれたかたが、朗読講座を受けながら練習し、
本番のステージで僕と共演します。
僕はみなさんの朗読に合わせて、即興で弾きます。

待ちどうしいな。
みなさん、ぜひぜひいらしてください!


岡垣サンリーアイ
西原村


夕べの熊本のでのライブの後、西原村に泊まり、北九州に移動。
水の月ツアー in 九州」の2日目は、福岡のJazz Cafe ドラム館でのライブです。

jazz系のお店で演奏するのは、とっても久しぶり。
マスターはjazzが好きでお店を始めた人だけど、
いいものはいいって言ってくれる人で、嬉しかった。

今日は、アロマとのコラボレーション。
いままでいろんなコラボレーションをしてきたけど、アロマは初めて。
今日は、前半は「風」がテーマ、後半は「水」がテーマで、
アロマセラピストの矢田文(やだふみ)さんがアロマを作って来てくれて、
僕もそのときそのときの香りに合わせて、即興で弾いたり、
オリジナル曲を変化させたりして構成。


ライブ風景


お客さんは、とてもリラックスして聴いてくださいました。
僕もすごく集中して、1音1音を紡いでゆけました。
小さなお子さんもいたけど、とても静かに聴いてくれたし、
最後はにこにこしながら、小さな手で拍手してくれて、うれしかった。

今日も、アンコールをいただき、「いるよ いるよ」を弾きました。
「いるよ いるよ」はいつも弾きたい曲だけど、最後の曲向き。
だから、アンコールもらっときにしか弾けないのです。


ライブ風景


ふみさんは、東京のカフェスローで僕の音を聴き、
そして、去年の平尾台にも来てくれて、
そのあと、一緒にラジオ出演もしました。

香りとのコラボレーションはしたことがなかったけど、
音も香りも、目に見えないものだからこそ、
目をつぶり、リラックスして、集中して、
その世界に浸れるし、
イメージを膨らませたり、自分の世界に浸ったりできる。

せわしない世の中だから、そんな時間をとることはとても大切。
またいつか企画する時には、ぜひみんなに来てもらいたい(忙しい人ほどね)。

ふみさん、ありがとう!


ライブ風景





九州ツアー1日目、今日は熊本の大津にあるカフェ「水車物語」でライブです。
僕が初めてここにきたのは、ずいぶん昔。おそらく5年前くらいです。
それから毎年ライブをさせていただいています。

お店の地下でまわる、大きな大きな水車が、ごうごうと音をたててまわる。
そして、その音が静かに止むのに重なるように、ピアノの1音目がライブの始まりを告げます。


ライブ風景


今日は後半のステージに、友人の川原一紗(歌)、藤川潤司(ジャンベ、カリンバ等)をゲストに迎えました。
潤ちゃんと東京で出会ったのも、たぶん5年前くらいだね。
そして、一紗と熊本で出会って、アメリカツアーしたのもそのくらい前。
5年経つうちに、いろんなことがあったなぁ(二人は結婚したしね)。

二人とは過去にもう幾度となく演奏してるんだけど、
本格的に一緒に演奏するのは、約2年ぶり。
一紗のオリジナル曲とか、もう何十回も演ってるけど、
あまりに久しぶりで、笑けてきたぐらい。


演奏風景


今日は、以下の4曲を演奏:

1、即興
2、歌うということ (一紗オリジナル)
3、みずよとわに (重松オリジナル)
4、慈しみの微笑み (共作)

「みずよとわに」の歌バージョンを、
こうしていろんなシンガーの人に歌ってもらえるのが、嬉しい。
みんな違って、みんないい。
一紗バージョンも、とてもいい。
ありがとう。

のりへいくんの詩も気に入ってくれて、すごく嬉しい。
8月23日(日)に、のりへいくんと熊本のちゃぶ台でライブするので、
ゲスト出演してもらうことにしました。
楽しみ!

最後は、僕の「息をして」。
そしてアンコールで「いるよ いるよ」。


演奏風景


恒例の打上げも、お店が用意してくださり、
さらにバースデーケーキも2つも!
みなさん、ほんとうにありがとうございました。

来年もまたこの場所に戻ってきたいな。


(↓あまりにも素敵な、二人の笑顔)

演奏風景
風景


今日から「水の月ツアー in 九州」がスタートです。
夜中に自宅を出発し、フェリーに乗って九州入りしました。

雨が降ったりやんだり、もう瑞々しい季節が始まっています。
棚田もとっても美しい。

阿蘇越えをするとき、
竹田のslowbeatに寄って、ごあいさつ。
28日にライブします。

そして、夜には熊本のちゃぶ台に着きました。
ただいま?九州!


風景

フライヤー



2ヶ月に1度のペースで九州にて演奏をしていますが、そのなかでも、毎年6月に行う「水の月ツアー」は、1ヶ月かけて九州各地をまわり、九州の地で感じるすべてを音に託す、特別なひとときです。

みずみずしい音の一粒一粒が、ゆっくりと心に伝う、
雨の季節にぴったりな、水の月のピアノ・コンサート。

ぜひお越し下さい!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ピアニスト重松壮一郎
 「水の月ツアー2009」 in 九州

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■概要
2009年6月06日(土) - 6月28日(日)
熊本、福岡、長崎、佐賀、大分
9会場 9公演

■スケジュール
6月06日(土) 水車物語(熊本・菊地郡)
6月07日(日) Jazz Cafe ドラム館(福岡・遠賀郡)
6月13日(土) お菓子の香梅 帯山店(熊本・熊本市)
6月14日(日) ちゃぶ台(熊本・玉名市)
6月20日(土) 児童保育クラブ ゴリラはごりら(長崎・東彼杵郡)
6月21日(日) mai & clem 家(長崎・佐世保市)
6月24日(水) ギャラリー花伝(佐賀・有田)
6月25日(木) 紅カラス(長崎・佐世保市)
6月28日(日) cafe Slow Beat(大分・竹田市)

★詳しいライブ・スケジュール
http://www.livingthings.org/0906kyushu



....................................................................................................
6月6(土)日 水車物語(熊本・菊地郡)
....................................................................................................

重松壮一郎 ピアノ・コンサート
「水の月の夕べ」

■会場
ギャラリー&和カフェ 水車物語
熊本県菊池郡大津町大字室125 中村製粉 旧工場 tel: 096-293-2025
http://suisya.seesaa.net

■時間
開場18:00 開演19:00

■料金
前売2000円 当日2500円(1ドリンク付き)

■ゲスト出演
川原一紗(唄い手)

■出店
天然酵母パン「まきパン工房」

【ご予約・お問い合わせ】
ギャラリー&和カフェ 水車物語
tel: 096-293-2025


古い水車小屋を復活させたカフェ「水車物語」。店の中央でまわる大きな水車の音が、ピアノの音と調和し、みずみずしい音があなたを包み込みます。約2年ぶりとなる川原一紗との共演もお楽しみに!


....................................................................................................
6月7日(日) Jazz Cafe ドラム館(福岡・遠賀郡)
....................................................................................................

「空の音、水の香り ?ピアノと香りのコンサート?」

■会場
Jazz Cafe ドラム館
福岡県遠賀郡遠賀町遠賀川1-6-12 tel: 093-293-6005
http://drumcan.net

■時間
開場13:30 開演14:00

■料金
(前売)一般2800円 中高生1400円 小学生1000円 未就学児 無料
(前売特典:アロマスプレーのおみやげ付き / 当日500円UP)

【ご予約・お問い合わせ】
アロマ&ヒーリング ネロリ
tel: 093-611-3624 mail: catisland@hyu.bbiq.jp


初めての「香り」とのコラボレーション。香りが音になり、音が香りになる時間。心身ともにリラックスして、豊かなひとときをお過ごしください。ライブ後に懇親会を開催します。ぜひご参加ください!


....................................................................................................
6月13日(土) お菓子の香梅 帯山店(熊本・熊本市)
....................................................................................................

重松壮一郎 ピアノ・コンサート
「水の月の夕べ」

■会場
お菓子の香梅 帯山店 ドゥ・アート・スペース
熊本県熊本市帯山7-6-84(国体道路沿い)tel: 096-381-8681
http://www.kobai.jp/shop/02.htm
熊本交通センターより路線バス帯山線で「帯山四丁目」下車
※公共機関をお使いください。

■時間
開場17:30 開演18:00

■料金
前売2000円 当日2500円(水煎茶 & 季節限定のお菓子付き)

【ご予約・お問い合わせ】
○お菓子の香梅 帯山店 店頭
○コモド・アート・プロジェクト
tel: 096-285-3827 mail: info@comodo-arts.com
※メールでご予約の際には、以下のことをお知らせください:
(1) お名前 (2) 連絡先TEL・メールアドレス (3) 枚数

まるで劇場のような、段差のあるギャラリースペース「ドゥ・アート・スペース」でのコンサート。香梅さんの季節限定のお菓子付きです。


....................................................................................................
6月14日(日) ちゃぶ台(熊本・玉名市)
....................................................................................................

「ちゃぶ台キャンドルナイト」
重松壮一郎 ピアノ・コンサート

■会場
ちゃぶ台
熊本県玉名市岱明町野口918-1 tel: 0968-73-8081
http://chabudai.info

■時間
開場18:00 開演19:00

■料金
前売1500円 当日2000円(1ドリンク付き)

【ご予約・お問い合わせ】
ちゃぶ台 tel: 0968-73-8081

古民家の高い天井に、柔らかに響きわたるピアノの音。電気を消して、ロウソクに灯りをともし、静寂に響き渡るピアノの音で、ゆったりとした時をお過ごしください。
※ライブ終了後、おいしい宴会ごはん付きの交流会があります(1000円)


....................................................................................................
6月20日(土) 児童保育クラブ ゴリラはごりら(長崎・東彼杵郡)
....................................................................................................

「ちびちびとゴリラはごりらでjoy!しましょう」

■会場
児童保育クラブ ゴリラはごりら
長崎県東彼杵郡川棚町中組郷1525 tel: 0956-82-2427

■時間
開場19:00 開演19:30

■料金
ひと家族500円
※施設利用者さんご家族が対象のコンサートです。

【お問い合わせ】
児童保育クラブ ゴリラはごりら
tel: 0956-82-2427


今年4月に波佐見町のギャラリーモンネポルトで行われたイベント「joy!?わたしの楽しみ」でお借りした古い足踏みオルガンがご縁で決まったコンサート。フラワーアーティスト吉村舞とともに、花とピアノの楽しい時間を作ります。乞うご期待!


....................................................................................................
6月21日(日) mai & clem 家(長崎・佐世保市)
....................................................................................................

キャンドル・ナイト夏至2009
「電気はない、ピアノはある」

■会場
mai & clem 家
長崎県佐世保市重尾町1192 tel: 0956-27-5730

■時間
開場17:30 開演18:00

■料金
大人1500円 子ども無料

【お問い合わせ】
オランダの花やさん
tel: 0956-38-8783 mail: mai.style@oranda8783.com

夏至の夜にみんなで集い、キャンドルの灯りで、祈りの夜を過ごしませんか。絵本作家・イラストレーター桑迫賢太郎の紙芝居とのコラボレーションもお楽しみに。


....................................................................................................
6月24日(水) ギャラリー花伝(佐賀・有田)
....................................................................................................

「花音のしるべ」

■時間
お花の教室 13:30 - 16:00
ミニ・ライブ 16:00 - 16:30

■会場
ギャラリー花伝
佐賀県西松浦郡有田町中樽3-8-22
http://www.touzai-kokon.com
※駐車場は花伝の前の広場(福珠窯)にお願いします

■料金
5500円(レッスン代、花材費、お茶とお菓子、ライブ全て込み)

【ご予約・お問い合わせ】
オランダの花やさん
tel: 0956-38-8783 mail: mai.style@oranda8783.com

オランダスタイルのフラワーアレンジメント教室とのコラボレーション!みなさんがお花の制作中に即興演奏を行い、制作後にもソロ・ライブを行います。特別な午後のひとときをお過ごしください。


....................................................................................................
6月25日(木) 和洋料理 紅カラス(長崎・佐世保市)
....................................................................................................

「水滴の花音しらべ」
重松壮一郎 ピアノ・コンサート

■会場
和洋料理 紅カラス
長崎県佐世保市須佐町11-20
http://www.benikarasu.com

■時間
開場13:30 開演14:00

■料金
4000円(ドリンク&スイーツ、お花のおみやげ付き)

【ご予約・お問い合わせ】
和洋料理 紅カラス tel: 0956-23-8284

フラワーアーティスト吉村舞のお花のデモンストレーションとのコラボレーション。雨の季節を花と音で紡ぎます。おいしいスイーツとともにティータイムをお過ごしください。素敵なお花のおみやげ付きです。


....................................................................................................
6月28日(日) cafe Slow Beat(大分・竹田市)
....................................................................................................

重松壮一郎 ピアノ・コンサート
「水の月の夕べ」

■会場
Cafe' Slow Beat
大分県竹田市戸上504-39 tel: 0974-65-2307
http://www.ne.jp/asahi/cafe/slowbeat/

■時間
開場18:30 開演19:00

■料金
前売2000円 当日2500円(コーヒー付き)

■同時開催
「音で繋がるモノづくり展」

【ご予約・お問い合わせ】
Cafe' Slow Beat
tel: 0974-65-2307 mail: yuda77@art.email.ne.jp

グランドピアノを備える2階スペースは、本格的なコンサートが身近に楽しめる贅沢な空間。壁の木のぬくもりが会場を包み、みんなを1つにします。
好評だった、みずのえCD 第1弾「冬から春へ」は、
もう季節移ってしまったので、新しいCDを作りました。

今週末からの九州ツアーで販売します。
ぜひぜひ、お手に取ってご覧ください!

今回のジャケット.....また、いい絵です。
お楽しみに!


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=


「雲」
重松壮一郎

1. 空に還った雲
2. 生まれた日
3. 流れるように
4. 旅のたからもの
5. はじまりの森
6. 青の子守唄
7. 雨あがりに
8. あなたの魂はこの家に


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=

タイトルは「雲」ですが、テーマは別にあり、
それを雲に例えています。
分かるかな?

【続きを読む】

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。