上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜島


雄大な桜島。

夏の西日本ツアー「夏旅2009」の3公演目。
今日は3年ぶりに鹿児島でライブ。

市内にあるJazzカフェ「明日の地図」にて、熊本在住の友人・川原一紗と藤川潤司とのジョイントライブです。


潤ちゃんとは、彼が東京に住んでいたころ出会いました。彼のバンド「感謝」にイベントに出てもらったりして、セッションしたり。
一方、一紗とは熊本で出会い、アメリカツアーをしたり、たくさんライブを重ねてきました。
でもこの3人でライブするのは初めて。
不思議な感じ。


ライブ風景
(潤ちゃんと一紗)

今日、前半の最後に、僕の曲「みずよとわに」の歌バージョンを、一紗に歌ってもらいました。
いつもはキーがFですが、一紗の声の高さに合わせてB♭に移調。
そしてテンポもいつもよりゆっくりなので違う曲みたい。
とてもぐっとくる、いい演奏になりました。

後半のセッションでは、ダライ・ラマ法王さまDVDの音楽として生まれた曲、「慈しみの微笑み」。
潤ちゃんの曲「母なる大地のうた」。

そしてアンコールは、「歌うということ」。
いずれも、想い出深い曲。


久しぶりの鹿児島ライブで、どのくらいのお客様に来ていただけるか不安だったけど、予想以上に多くのかたにお越しいただきました。そして、最後のアンコールまで、あたたかい拍手をたくさんいただきました。それが何よりも印象的で嬉しいライブでした。

みなさん、ほんとうにありがとうございました。
そして一紗、潤ちゃん、明日の地図の末永ご夫妻、
オープニングアクトをしてくださったkumiさん、mankieさん、
ありがとう。


さて今日は日帰り。
明日は熊本の南阿蘇でライブです。
スポンサーサイト

Comment


3人では初めてだったんだね!
全然そんな感じじゃなかったよ~
ありがとう!
そうか~
また来年、会えるのを楽しみにしているよ~
屋久島音楽祭、やろう!

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。