上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長崎


夏の西日本ツアー「夏旅2009」も9月に入りました。今日は8公演目。長崎市内にある「カフェ豆ちゃん」での2回公演の第1日目。今日は夜で、明日は昼の公演です。

今回はお店の2周年記念イベントの一つとして企画していただきました。
また、オランダ人版画家アド・ステインマンさんの作品展にも合わせての開催で、アドさんが長崎にインスパイヤされて創作された作品など、戦争・平和をテーマにした作品群に囲まれてのライブとなりました。


長崎


ライブ前、お店近くの川べりで、一人静かにときを過ごす。

犬の散歩
おくんちの練習
灯された提灯
夕去りのとき


長崎


ライブのタイトル「静の中の祈り」。反戦を声高に叫ぶことも意味はあるけど、今夜はみんなの心にある平和への静かな気持ちを音にします。

今日の前半は約40分間の完全即興にしました。
即興演奏にした理由はいろいろあるけど、二度とないこの瞬間を感じ、湧き出るものをありのままに表現するには、ほんとうの意味での「生」演奏、いままさに生まれた音が一番だと思うからです。


長崎


今日は、静寂の中でゆっくりと音を紡ぐところから始めました。
でも僕のなかに眠るいろんな想いが強く溢れでるとき、音は静から動へ。
それは、アドさんの黒い版画とその魂とも共鳴して、マグマのように溢れ出る。


あっという間の40分間。みなさんの大きくて長い拍手。
ほんとうにありがとうございました。

激しい即興演奏のあとは、気持ちが高ぶり、鼓動も高まる。休憩時間もなかなかそれはおさまらない。
眼鏡橋にたたずみながら、後半の曲目を考える。次はどんな始まりかたがふさわしいか、イメージを巡らせる。


長崎



後半は「森へと続く道」でスタート。平和な未来について想い巡らすとき、僕らは森へと回帰することが必要だと思う。そこは何億もの命が調和している世界だから。

最後の「息をして」、
アンコールの「空へ還った雲」まで、
ぐわっと駆け抜けた第1日目でした。


たくさんの拍手を、
みなさん、ありがとう。

そして今夜の音を受け入れ、
ともに時を作ってくれて、
ありがとう。


長崎
スポンサーサイト

Comment

しずかなじかん
こんにちは。
コンサートにはいけないけれど、そうそうのしずかなじかんを想像しています。
声高に言いたいときもある。
でもいったんストップして、自分の中で温める時間だったりとか、あるいはいろんなことにいやんなって、閉じこもる時間だとか、何にも考えない時間とか、誰か親しい人とだけで、ただ黙っている時間とか、一人で祈る時間とか、そういう、とりあえずアンプラグした静かな時間がほしいと思う。そういう思いをこのブログを読んで感じました。
ありがとう。
blogからそんなふうに感じてもらえて、うれしいです。
空気が伝わっているのだから、僕らはつながっていると誰かが言っていた。オノヨーコかな。みんなが同じ事を考えていれば、それは実現すると。
ありがとう。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。