上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライブ風景


さて、今日はお昼に山形を出発。
仙台に移動しました。
今日は、坐カフェというお店で、ライブです。

主催してくれたのは、井上くん。
とても素敵な好青年です。
僕のライブを企画してくれたり、サポートしてくれたり、
東北でツアーするときの、とても頼もしい仲間です。


今日の前半は、MCを挿まず、45分間、音を紡ぎ続けました。
最初の2曲は即興。そのあとの3曲はオリジナル。

井上くんも、いつも来てくれる友人も、
すごくよかったって言ってくれた。
井上くんは、MC無しでぶっ続けで弾いて欲しいと思っていたらしく、
「なんだ言わないのに分かったんですか!!」って。


今日、うれしかったのは、調律師さん。
僕の細かな注文を受けて、3回ほど、調整し直しをしてくださいました。
もっと柔らかな響きにして欲しいとか、
低音が伸びるようにして欲しいとか、
中音域の堅さに比べて、低音が柔らか過ぎるとか、
いろいろ我がままを言ってしまったのですが、
嫌な顔ひとつせず、とても丁寧に対応してくださいました。
ピアノが古く、ハンマーも弾きにくいピアノだったから、
いくらでも、「ピアノが古いから」っていい訳できるのに、
一言もおっしゃらずに。

ライブも最後まで聴いてくださり、
終わった後も、調律してくれて、
いつもこのお店で弾いているかたの弾きやすいように、
また元の状態に戻してくださってました。


そのお陰もあってか、
最後の「息をして」、
アンコールの「いるよ いるよ」まで、
思いっきり弾くことができました。
ほんとうにありがとうございました。

そして何より、井上くん。
ほんとにありがとう!



明けて翌日、お昼の飛行機で帰りました。
雲の間から、富士山が顔を出していました。


その雄大で、でもなんだかかわいらしい姿を、
ぼんやりと眺めながら、

この短い、でもとっても濃かった東北ツアーで、
僕を助けてくださったみなさんの顔を思い浮かべていました。


みなさん、ほんとうにありがとう!
また会いましょう!!!


飛行機から
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。