上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山形


さて、JR羽越線の鶴岡駅に到着。

今日は昼と夜、2回公演。
まずは、庄内国際村ホールで開催された、障がい者のかたが出演される「きらきら音楽祭」にゲストとして出演する。



山形


間髪入れず、次は、「花うさぎ」での夜のコンサート。
写真がなくてごめんなさい。
上は、調律師さんが念入りに調整してくださっているところ。


花うさぎの加藤千鶴さんは、いつも僕のコンサートを主催してくださるかた。
花うさぎにはピアノはなく、いつもホールや、つるおかユースホステルで僕のコンサートを企画してくださっていますが、ついに花うさぎにもピアノが来たので、お披露目となる弾き初めライブを企画してくださいました。


10帖ほどの小さな店内に、約30名のお客様。
ぎゅうぎゅう詰めで、とっても申し訳ない。
でも、とっても嬉しいです。ありがとう。


ピアノは昭和30年製のとっても古いピアノ。
でも調律師さんが、丁寧に愛情込めて、何度も調整・調律してくださいました。
そのおかげで、僕はとても気持ちよく弾けました。


電気をすべて消して、キャンドルの灯りだけのライブ。
つかの間の静寂。ぎゅうぎゅう詰めの一体感。
今夜は今夜しかない。いまはいましかない。
それを、音に紡ぐ。


今日も前半は、即興多めで。
だって、この素敵な雰囲気を、そのまま音にしたいから。


最後の曲まで、みなさん、とても音に集中して聴いてくださる。

みなさん、ほんとにありがとう。
千鶴さん、ありがとう。
こんなかたちで、いつもの主催者のかたのお店で演奏できたことが、
とてもうれしいです。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。