上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪の朝


あ!

朝起きたら、外はすっかり雪に覆われて、
白い白い、美しい世界になっていました。
ゴンちゃん、寒そう。


今日は、「冬の九州ツアー」の第2回目の公演。
ギャラリー花伝での1日2回公演です。

昼の公演は、先日と同じく、「オランダの花やさん」の吉村舞ちゃんのフラワーアレンジメント教室で、演奏します。
生徒の皆さんがアレンジメントを制作しているバックで演奏し、
制作の後にミニ・コンサートをします。


舞ちゃんは、この1ヶ月で、
約30クラス、300人近い生徒さんのレッスンをもたれたそうです。
今日はその最終日。
一年最後のレッスンでもあります。


教室風景


生徒さん、ものすごい集中力で、
ほとんど雑談などなくて、無言で自分の作品に向かわれている。
その成果は、みなさんの作品の完成度の高さに現れた。
舞ちゃん、感激。
みんないい顔。

最後の教室が、こんな風に終われて、よかったね。


次回は来年、3月24日(水)に春をテーマに行ないます。
興味のある方、ぜひぜひお越し下さいね。


演奏風景


さて、ちょっと休んで、夜の公演。
あたりはすっかり暗くなり、しんから冷えてきます。

さて、今度は、生徒さんではなく、舞ちゃんが作る番です。


前半は、舞ちゃんのフラワーアートと、
僕のピアノの即興演奏。

冬の音を紡ぐ。1つ1つ。
即興が、自然に出てくる。
途中から、オリジナル曲「粉雪」をテーマに、弾く。
もともとは、3分くらいの短い曲だけど、
5倍くらいに展開させてみた。

舞ちゃんの作品が形作られるのに呼吸を合わせ、
展開させていく。


粉雪の木


後半は、僕のソロ。
とても大切な大切な3曲を選んだ。

「僕がいたこと」
「生の間」
「息をして」

最後は、全身全霊で弾き切った。


舞ちゃん、ありがとう。
今年は、一緒に作品を作り上げていく機会に、ほんとに恵まれたね。
まだまだ試行錯誤の連続だけど、
このさき、可能性を感じる限り、とことんやりたいね。


できあがり
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。